スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ13号の感想 その2

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』
今回の内容とは関係ないのですが、この前のTBS『情熱大陸』を見た方はいますか?
なんと、秋本治先生の特集でした。
漫画家の私生活や取材風景、仕事中シーンをテレビで見られる機会というのは、決して多くはありません。だから、この回はとても面白く見られました。
こういう特集なら、もっと色々やって欲しいですね。漫画家志望や趣味でマンガ・イラストを描いている人にとって、かなり需要あると思うんですけど。
ちなみに、取材風景は、前回の浅草の話のものでした。結構タイムリーで、それも良かったです。

で、今回の内容については……特に語る事が無かったりしますw
強いて挙げるとすれば、せっかくの中川&麗子のギャグシーンを見せるチャンスだったので、以前のようにひたすら壊してしまっても良かったのでは? というところでしょうか。
たまに見られる、極限まで壊れた中川とか、結構好きなのでw

『バクマン。』
もう、サイコーとシュージン、完全にラブラブじゃんよ! 恋人にしか見えないよ!!w
あ……やっぱり僕、腐ってます?
今にも別れそうなサイコーとシュージンですが、心の底では無意識に繋がってるようで、やはり相性は抜群みたいです。お互い知らずに、同じ内容の作品を描き進めていますしね。
そんな2人の状態を知り、更に相性抜群なのを知り、全ての事を上手く運ぼうとしている服部編集。
服部さん、凄くやり手ですよね。運も良いと思います。
サイコー、シュージン、服部の3人組でサクセスするストーリーなんですよね。
マンガは漫画家と編集者がかみ合って、初めて神作品となる。改めてそれを実感できました(まだまだこれからですけど)。

『いぬまるだしっ』
最近では珍しい、2色カラー回でした。
「2色カラーって何?」という方に説明しますと、「カラフルとは言っても赤系の色しか出せず巻頭カラーと同じ手間にも関わらず原稿料は安く締切も早まるためどの作家もやりたがらないカラー」(本文のセリフそのまんまw)です。
こういう業界ネタを盛り込んでくるのが、『いぬまるだしっ』というか、大石先生の味ですよねぇ。
少しでも業界の事を知っているとクスッと笑えるネタ。ただし何も知らない一般の人には全くウケず、「へー、そうなんだ~」で済まされる、諸刃の剣ですが。
しかし、アレですね。いぬまるくんは、いつも偽者を掴まされたり、微妙すぎるフィギュアを2個ゲットしてしまったり、酷い目に会いますね……。そこがまた面白いんですが。
アゴ美ちゃん、2個も……というか、1個もいらないwwwww

『PSYREN -サイレン-』
「この際、逮捕とかどうでもいいでしょ?」
我らが雨宮ちゃん、病みキャラ全開ですっ! いやっほーぅ!! 目がいっちゃってるーっ!!
他に感想が無い……どうしましょう……w

雨宮ちゃん可愛いよ雨宮ちゃん。

『ヘタッピマンガ研究所R』
かつて、僕が小学生の頃。鳥山明先生の『ヘタッピマンガ研究所』という企画連載がありました。
その頃から漫画家になりたかった僕にとって、当時の(もちろん、今もですが)鳥山先生は神様であり、その神様がマンガのテクニックを教えてくれる『ヘタッピ』は、それこそコミックスが擦り切れるんじゃないかってくらい、繰り返し読んでいました。
実際、あまりに何度も開く閉じるを繰り返しすぎて、ページがバラけたくらいです。

そして今、『アイシールド』の村田先生が、『R』を月1で連載しています。
村田先生ならではの迫力あるパースや筋肉の動きなどが学べる、これまた非常にためになる、マンガのHOW TOものです。
特に今回の”背景を描く際のパーステクニックにありがちなミス”は、僕も何度も躓いた箇所なので、興味深く読めました。
この『ヘタッピ』や『バクマン。』で学んだ今の小中学生たちが、素晴らしい漫画家になれることを楽しみにしています。

『ぼっけさん』
メケ……メケが……。
まさか……。
敵の攻撃から身を挺して学校の皆、なによりも大切なトモダチのヒノとサユを守ったメケが……。
重傷ながらも助かると思ってたのに……。逝ってしまいました……。
最初はキモイ、嫌いなキャラだったのに、仲間になった途端に可愛く見えて、孤独だったヒノの大事な友達になった。同じ菩怪という立場の友達。
本当に短い間でしたけど、素晴らしい仲間でした。ヒノの心のよりどころ的にも、戦力的にも大事な存在でした。
そんな傷心のヒノに突きつけられる現実。南区の菩怪たちによる、北区の人間を淘汰する計画。
北区の菩怪たちは「人なんぞどうでもよい」「南にかなうはずねぇし」とやる気なし。
ヒノは1人で立ち上がります。「街は僕が守ります」と。
ヒノの男気に惚れました。まさに正統派主人公ですね!!
大丈夫。ヒノにはサユがついてる。同じ菩怪のアベルがついてる。
がんばれ、ヒノ!

『SKET DANCE』
マロンちゃん、プロデビュー!!
……この絵と内容でかよ!!wwwww
マロンのマンガの内容は、『スケダン』らしいカオスな内容でしたが、いい加減僕も慣れてしまったのか、いまいち笑えませんでした。
ヒメコのツッコミは良いんですけどねぇ。
ただ、マロンの夢が叶ったことに対してのボッスンの笑顔が最高でした!!
ボッスンはマジでいい男ですよ!! 僕が女ならリアルに惚れますよ!!
そしてラストの間違ってるヒメコ可愛いw

『ぬらりひょんの孫』
総大将(おじいちゃん)すら使ったことのない、リクオのオリジナル必殺技”鏡花水月”で、ついに玉章を打倒しました!
吸い取った百鬼が抜け、力を失う玉章。刀を取り戻そうとしますが、なんと部下のはずの夜雀が、刀を
奪って逃走してしまいます。
猩影が玉章の命を奪おうとした時、総大将がそれを止めます。後の処分はリクオに任せる、と。
リクオは、玉章を許します。一つだけ、条件をつけて。
「犠牲になったものを……絶対に弔って欲しいんだ」
リクオは甘いですね。しかし、その甘さが僕は大好きです。
それは作中の雪女つららを始めとする、リクオの百鬼夜行の面々も同じ気持ちなんでしょうね。
昼のリクオの”優しさ(甘さ)”と、夜のリクオの”畏れ”。その2つが交わった今回のエピソードで、更にリクオに対する忠誠心が高まったかと思います。

ラスト。四国に帰った玉章の前に、1匹の野良犬が現れます。
野良犬に対する玉章の表情とセリフに、せつなくて泣きそうになりました……。

『To LOVEる -とらぶる-』
生まれて初めての手作りチョコレートを、どうやってリトに手渡そうとするかで悩む唯。
可愛いにも程がありますよ。僕を萌え死させるつもりですか!?
それにしても、恒例のリトずっこけ女の子にダイブシチュですが……今回のヤバすぎるでしょう!!
唯の股間に近すぎる顔、だけならいつもの『とらぶる』ですが、今回はリトの手がヤバい!!
足の付け根に両手の親指を引っ掛けて「くぱぁ」状態ですよ!! エロい!!!!
あーもう、スキャナが壊れてなければここの掲載するのに!!w
多分、他のブロガー様たちが、こぞってスキャンしていると思われますので、気になる方はそちらをご覧ください。

……新しいスキャナー買うか……。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かみやたけし

Author:かみやたけし
アニメ・マンガ・ゲームを愛しています。
ここ10年以内のマイフェイバリットアニメは『天元突破グレンラガン』!
周りに布教しまくりんぐ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。