スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マチの告白、イリアーヌの想い

今日の買い物は、『ぼくらの』10巻と『LOST MAN』3巻でした。


『ぼくらの』

おそらく最終章ですね。最終決戦の前、マチの提案で、ウシロと2人でジアースパイロットの遺族達に会う旅に出ました。
和久の両親に始まり、散っていった子供たちの戦った姿や日常の何気ない事まで、もらさず語って周ります。
親たちは誰も彼もが泣き、そして感謝の言葉を述べる。子供を失った悲しみから立ち直るきっかけになったかと思います。
そして、とある公園でのマチの告白。本来ならニヤニヤして読む場面だったはずですが、なんだかとてつもない悲しみに包まれました。
マチの笑顔がせつない。ウシロの人間らしい反応が愛しい。
そして、マチに訪れる、驚愕の出来事……。
あと1冊か2冊で終わりを迎えるのでしょうか。最後まで、しっかりと見守ろうと思います。
最初は偶然巻き込まれた、地球を守るための戦い。しかし、いつしか子供たちは、地球や愛する人たちを守る誇りを持つに至りました。
『ぼくらの』ファンの1人として、そんな誇りを共有できたことを、少し早いですが、実感しています。


『LOST MAN』

文庫版も刊行中の『ファンタジスタ』でお馴染み、草場先生のサッカーマンガです。
ハイレベルなサッカーのテクニックを有する、記憶喪失の男、マツモト。
彼をビジネスに使う、代理人サカザキ。
彼らが現在いるのは、南米ブラジル。
サッカー王国の中で最下層に位置するチーム「ファゼンダ」を勝利に導き、順調にリーグ内順位を上げる原動力になったマツモト。
地元住民にも絶対的な支持を受け、チームメイトの固く熱い信頼も得ることに成功しました。
しかしサカザキは、ライバルチームのローカスツに、マツモトを電撃移籍させてしまいます!
「裏切られた!!」と号泣するファン、そしてチームメイト。
サカザキは何を企み、今回の裏切り移籍を計画したのでしょうか。カラクリが明かされるのが、今から非常に楽しみです。

個人的予想では、裏切られた怒りによるチーム強化→リーグ優勝によるファゼンダの町の活性化→ローカスツとファゼンダの産業共有によってサカザキ大もうけ、だと思うのですが。
そのために人の心を利用するくらいは、彼ならやりそうですし。
……こんな簡単なカラクリじゃないかw

一番かわいそうなのはイリアーヌですが、最後にカルロスと復縁してハッピーエンドになればいいと思います。
そして全員に感謝されつつ、マツモトはブラジルを去る……なんてきれいな終わり方を希望します。

休刊になったヤングサンデーからスピリッツに移籍した作品なので、移籍後最初のエピソードくらいは後味のいいものにしてほしいですね。

あとはもう少し……シノのヒロイン性をアップしてあげてくださいw


ぼくらの 10 (10) (IKKI COMIX)ぼくらの 10 (10) (IKKI COMIX)
(2009/01/30)
鬼頭 莫宏

商品詳細を見る


LOST MAN 3 (3) (ビッグコミックス)LOST MAN 3 (3) (ビッグコミックス)
(2009/01/30)
草場 道輝

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

週刊ヤングジャンプ9号の感想 その2

『ノノノノ』
ノノの兄、悠太が……ついに壊れた……。
もう何もかもがどうでもいいといった、酷く歪んだ笑顔。
類まれなる絵の才能があり、コンクールに出した絵が内閣総理大臣賞を受賞という、素晴らしい功績を得ましたが……時既に遅し。
スキー板に灯油をかけ、火をつけようとします。
これが原因で火事に……。そして死……。

かつての野々宮家は、暖かい愛に溢れていました。
みんながみんな、スキージャンプを愛していました。
それなのに、たった一度、父がオリンピックで転倒して金メダルを逃しただけなのに……。
全ての運命が狂い、壊れてしまった。

とんでもなく暗く鬱な展開の過去編で、正直読むのが本当に辛い。
しかし、この過去編を読むことで、現在のノノの明るさが、更に際立って見えるという良い点もあります。
過去の事件から今までに何があったのでしょう。何が彼女を、ここまで明るく立ち直らせたのでしょうか。
男のふりをしてまでジャンプで金を取る。そう決意するに至るノノを、じっくり見守っていきたいと思います。

『SIDOOH/士道』
鮫の切腹が、明日に迫った夜……。
泣くのをやめない源に、鮫はオカリーナを演奏して聞かせます。
「オレは……共にいる。家族として……な」
「この音も刻んでくれ」
鮫の一言一言が、翔と源、そして読者である僕にも深く染み入ってきます。
雪村兄弟を暖かく見守ってきた、兄的存在の鮫。
皆を裏から支え、戦い、命を救ってきた鮫。
できれば晴れやかな顔で逝って欲しい……。死の恐怖を乗り越えた、真の士道を見せて欲しい……。

本当は死んで欲しくなんかないですけどね!!(TдT)

『カジテツ王子』
スケベセンター試験、アホすぎwww
しかし姉ちゃんは、本当に毎回、お色気担当以外の何者でもないですね~。
だからこそ、たまにある姉ちゃんのシリアス話が映えるんですが。

『孤高の人』
現在の雪山のシーンと回想シーンが交互に描かれるのは、今週も同じ。
ただ回想シーンが長い上に唐突なので、時間軸がよくわからなくて混乱することがあります;
カマキリ女、本当に怖いよ!! ストーカーだよ……!!
森くんは、ますます山に逃げるしかなくなるんですねぇ……。
最後は一番落ち着く雪山で、心安らかに死んでいくエンドとかありそう。

『夜王』
自爆発言で、自ら犯人だと証明してしまった剣星。
修派だった剣星の責任を取るため、修は遼介に、自分を殴るように言います。
悩んだ末、皆の前で甘さを捨てるために、遼介は修を殴ります。何度も何度も。
これによって2人の絆がホスト達全員に伝わり、ロミオ大阪店は初めてきちんと、結束を固めることになりました。
結局、剣星はライバル店の手先でした。今回の件を皮切りに、更に陰湿なロミオ潰しが始まりそうです。

『モートリ/妄想の砦』
葉月京先生の描く漫画は、エロティックではありながらも、決して変態的ではありません。
絵柄だけでなく、内容もどこかオシャレ感を滲ませているからでしょう。
しかし、童貞狩りとかアホっぽくて笑えますねw
そんな内容を真面目に描く葉月先生、大好きですw

『外天の夏』
今回も見事に『特攻の拓』でしたw
伊織くんなんて、まんまマー坊くんじゃないか!w

族の世界が自分の日常とかけ離れていることに、戦争の中でやっと気づく夏。
「まるで……黙示録……。戦争だ……これは戦争なんだッ!!」

次回、夏は逃げ出すのか? それとも戦争を止めるため、1人立ち向かうのか?
立ち向かうったって、今の夏じゃ無理ですよねぇ……。
冬兄貴の霊が降臨でもしない限り。

ん? アリか……。
戦争を止めた夏にオーバーラップして、冬の姿を見る族の皆さん。
……って、思い切り最終回っぽいなw

『犬のジュース屋さんZ』
なんかもう、シュールすぎて……どう感想を書いたらいいのかもわかりませんw
立体君の身体がシュールというか、可愛い絵柄のせいで、余計にグロく見えてしまいました。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

週刊ヤングジャンプ9号の感想 その1

『嘘喰い』
せっかく淹れたコーヒーを、伽羅に「まずい」とバッサリ言われた夜行。
プルプル身を震わせて動揺してる夜行。カワユスw

それはさておき、マルコVS箕輪、決着!!
最後に箕輪を倒した瞬間は、かつての暴れ狂うロデムではなくなってましたね。
「迷い翔ける極上の戦士」マルコ。
かっけえぇぇぇ!! なんか後光射してるし!!
ついにマルコが、廃ビルの悪魔ことロデムの人格を捨てた瞬間です。
新たな戦士の誕生! バンザーイ!

あとは獏(正しい漢字が変換で出ません)さんが、警視庁に巣くう悪、天真をギャンブルで倒すだけだ!!
今回もスカッと爽快に勝って欲しいですね!!

『華麗なる食卓』
紫音さんのおぱんてぃ、GJでした。うひひ。
僕も踏まれt(ry
Wiiではしゃぐへきるん、かわいい! 一緒に遊びたいですね~。
最後にオパーイぽろーん。今回は完全にサービス回でした(*゚∀゚)=3

『キングダム』
ホウケンに殺到する秦の歩兵。
秦と趙の騎馬隊も大激突です。
そんな混戦の中、信は動きます。ホウケンの首を取る。ただそれだけを目指して。
戦いの中で、いつしか彼を隊長として認めていた飛信隊の兵たちは、ゆるぎない決意をその瞳に宿し、ホウケンを討つために前進!!
毎回の熱い展開の連続に、木曜の朝の通勤電車の中で興奮が治まりません。
がんばれ、飛信隊!! そして尾兄弟、死なないで!!

『べしゃり暮らし』
扉絵の親父、怖いよ……w
根津は謝りに来ただけなのに、しのぶとの結婚のお願いに来たと勘違いの結果なんですが。
まあ、これから数回会ううち、いきなり優しくなる親父が想像できます。根津の肩をバンバン叩いて、ガッハッハと大笑いしたりして。

で、花田はツンデレでした。実はいい奴だったのねー。
無理してとんがってる彼は、少しだけかわいいと思いました。

『新サラリーマン金太郎』
凄い事になってきた……!
ヤマト建設の倒産の危機を、金太郎が本当に救うことに!!
アラビアのハッサン国王への電話1本で、逆転劇のスタート地点を構築してしまった!!
すごい、金太郎マジすごい!!
ヤマトはアラビア人の会社になるとのことで、社員一同、アラビア語の猛勉強が必要。
しかし、そんなことは、今の窮地に陥ったヤマト社員たちには、造作もないことかもしれません。
この再生劇の舵取りは、もちろん金太郎!!
「いよいよ、大和会長が育てて来た男の……出番だ……」
最後のページのこのセリフで、鳥肌立ってしまいました!!

前回のマネーウォーズ編は、個人的にイマイチ盛り上がれなかったのですが。
(多分)最終章であろう今シリーズは、今まで金太郎をちゃんと読んでなかった人も必読です!!

『ハチワンダイバー』
メイドの中身は鬼でした。
100面指しに勝利した、そよ。
寝ていたハチワンを膝枕し、さらにハグ!
「いい夢だなぁ」
ハチワン、夢じゃないよ! ちゃんと目を覚まさないと損だよ!!w

そして、文字山が澄野に勝負を挑みます。
「使える真剣師か試す」
奇人2人の戦いに、来週も目が離せません。

『TOUGHタフ』
バルカン砲による無数の銃弾を、高速匍匐前進でかわした、おとん。
おとん、もう人間じゃねぇw
前々から人外だったけど、もう絶対に人間だとは思わないことにします。

バトルキングが覆面を脱ごうとするところで、以下次号。
鬼龍でしょ? そうなんでしょ?

『ローゼンメイデン』
芝居を見る銀様、かわいいなぁ。
それにしても、真紅のほっぺのラインが本当に柔らかそうで。
こんな絵を描けるPEACH-PIT先生は、本当に凄い漫画家だと思います。
『しゅごキャラ!』も読んでみたい。
役者に両方からグイグイ引っ張られて怒ってる真紅もかわいいw
そしてついに、雪華綺晶が現世に登場! このまま劇場内でバトルなのか!?

『いぬばか』
ナベアツ犬www
「アヘー」って顔、不細工だけどかわいいw
ジダン、おめでとう!

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

『ソウルイーター バトルレゾナンス』を買ったよ

おはらっきー!☆

……ごめんなさい。こんばんは。僕です。
メインの仕事は定時に終わったのですが、副業で忙殺されそうです。
ので、ヤングジャンプの感想は明日か明後日になります。申し訳ありません。

で、仕事でやる時間がほとんど取れなさそうなのに……買っちゃいました。
『ソウルイーター バトルレゾナンス』(PSP版)。
格闘ゲームですね。職人と武器の魂の波長によって、技の威力や性質が変わるとか。
ソウルイーターらしいシステムを搭載してるみたいです。
……ロクにシステム等も調べずに買っちゃうくらい、この作品にハマってるんだなぁ……と、自分に苦笑。
使えるキャラクターが少ないのが残念かな? キムとか使いたかった。
まあ、「アニメの1~24話のシナリオ(ミッション)を遊べる!」とのことなので、登場キャラは仕方ないのかも。
対戦もしてみたいけど、周りは誰も買ってないだろうなぁ。いいさいいさ。1人で遊ぶさ。

後々、レビューというか、簡単な感想を書きたいと思います。

あ、あと『ディシディア ファイナルファンタジー アルティマニア』も買いました。いつもの分厚い攻略本ですね。
攻略情報やデータなんかはネットを見れば載ってるんですが、やはり本の形として欲しいのが、オタクの人情。
ディシディアも、まだまだやりこみが足りません。オラに時間をくれー……。

ばいにー☆


ソウルイーター バトルレゾナンスソウルイーター バトルレゾナンス
(2009/01/29)
Sony PSP

商品詳細を見る


ディシディア ファイナルファンタジー アルティマニア (SE-MOOK)ディシディア ファイナルファンタジー アルティマニア (SE-MOOK)
(2009/01/29)
スタジオベントスタッフ

商品詳細を見る

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

週刊少年サンデー9号の感想 その2

『最強!都立あおい坂高校野球部』
千葉ちゃんは可愛い。元気っ娘でショートカット。めっちゃ好み。
しかし……可愛いけど、どうも狙いすぎてる気がする。
キタローとの恋愛も、見ていて「ふーん」としか思えなくて。ドキドキしないんですよ;
対戦校の潤くんの彼女の方が、同じ元気っ娘ならいい感じ。こっちの2人は応援したくなります。
まあ、結局は読む側の好みの問題なんですけどねw

野球シーンについては、特に記すことなし(だって試合動いてないんだもの……)

『金剛番長』
金剛の兄が動いている、何やら壮大な計画。その一端が見えてきました。
シリアスな展開だ!
……と思ったら……

悪矢七、カワイソスwww
獄牢、悪すぎwwwww
笑わせてもらいました。

『月光条例』
おむすびが食べたくなりました。お腹すいた……。

(え? 感想……?)

『魔王』
島さんに強烈な死亡フラグが……。
潤也、もうずっと悪い顔してますね~。ダークヒーロー?
いつか、この章の最後で、心からの笑顔を取り戻せるんでしょうか?(お兄ちゃんみたいに死にそうで怖いですけど;)

『MIXIM☆11』
射手座のアザを胸元に設定した作者、エロ……いや、GJ!!
……こういう目線で漫画読んでるのって、自分でも最低だと思いますw

『ダレン・シャン』
18年前の運命のあの日。
ダレンの機転によって、運命を変えることに成功(?)します。
クレプスリーを目の前にしたダレン、本当にうれしそうだったなぁ……。
彼のことは父親として見ていたんですね。思わず感情移入して、泣きそうになりました。
最後、日記帳をみつけたダレン。そこには何が書かれているのでしょうか?
ハッピーエンドに向けての大逆転要素?
それとも……。

『ギャンブルッ!』
マサルと沢尻の対決、ついに始まる!
沢尻の過去については、ちょっとがっかり。もっと壮大な悲劇を予想していただけに、若干拍子抜けです。
あ、司会進行役のお姉さんが上着を脱ぐコマはGJでした(またか)
勝負の内容は、日本人同士の戦いにふさわしい、『丁半』
単純だけど奥が深いこのゲーム。決勝戦ならではの、今までよりも物凄い心理戦を期待します!

『★★★のスペシャリテ』
どうやら、フランス料理をネタにした人情もので路線確定?
小学生の時、いじわるしたり困らせたりした相手って、同級生にしろ女の先生にしろ、今でも覚えてますよね。
僕も三星の立場だったら、自分の力を総動員して結婚を祝うだろうなぁ……。

『トラウマイスタ』
ファーブルは、もう完全にピカソLOVEですね。
正直、スジャータさんが現実味に欠ける存在なので(アートマンだから仕方ないのですが)、人間味溢れすぎるほどに溢れてるファーブルを応援します。
新キャラ(仲間候補)のアートマンは、日本刀『村正』。
最近、ソウルイーターを読んでいるせいか、「魂の共鳴!」とか叫んで欲しくなってる自分が、よくわかりません。

『KING GOLF』
相手のヤクザ(違う)、目つきも性格も最悪なのにゴルフの腕前はかなりのもの。
そうすけ、ピンチ?
しかし、1ホールであれだけミスを連発したのにギブアップせずに続けたのは、偉い。
そうすることで、ホール中に飛躍的に成長するんでしょうね。
以前サンデーで連載していたDANDOHのような主人公が最初から超人的という内容ではないので、
読みながら、自分も一緒にゴルフが上手くなっているように、錯覚できます。

『アーティストアクロ』
あきらめないデコ、偉い! もうすぐアクロが助けに来るから!
アクロは主人公補正があるとはいえ、体術にも長けてますね。どこかで習っていたのでしょうか?
スバルの父、ヴルーの教え?
いつか過去が明かされるのが、今から楽しみです。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

週刊少年サンデー9号の感想 その1

『いつわりびと◆空◆』
新連載。昨年の5月頃に読切で載った作品ですね。タヌキが可愛かったのと、泣ける良い話だったのを覚えています。
今回は、まだタヌキが出てきませんでした。2話以降?
主人公の”空”は、孤児ばかりを集めた里で暮らす少年。里に大人は6人だけで、後は全て孤児です。
幼い頃に、自分のせいで家族や使用人達が殺されたと、自分を責め続けて育った、空。
正直に生きる人間は、アホみたいに騙されて死ぬだけ。そう自分に言い聞かせ、嘘をつき続ける毎日。
しかしある日、里を強盗団が襲います。
ずっと「正直に生きろ」と空を叱り育ててくれた、和尚の死。彼の命が消える直前に明かされる、暖かな愛情と、『良い嘘』。
「良い嘘をつく”偽り人”」になるため、空の旅が始まった。

という内容なのですが、第1話から、いきなりせつなくさせてくれますね……。
和尚の死の際に空が言った”暖かな嘘”が、内容的にはありがちですが、ステキでした。

『結界師』
ここのところずっと大変な事になっていた裏会に、更に絶望的な未来が待っているそうで。
正守兄ちゃんが心配ですよ……。まさか死んでしまわないでしょうね……?
「クールで自由な奴」扇七郎は、いったいどんな人物なんでしょうか。気になります。

『神のみぞ知るセカイ』
桂馬自身もわけがわからない内に、教師ルートに入ってしまっているようで。
なんとかフラグをへし折ろうとしますが、裏目裏目に出てますね~;
クールに頭脳派を気取っているつもりが、どこか抜けている……。
最近、どこかで見たぞ……?
あ! ルルーシュか!w

『名探偵コナン』
何やらデンジャラスすぎる2人組。
黒づくめの組織のメンバーか!?と思わせておいて、実は笑えるオチを用意している……と予想してみますが、どうでしょうか。
阿笠博士と灰原の戦慄した表情によって、更にそんなオチの破壊力は増しそうですが。
あまりシリアス続きだと、読んでいるこちらも疲れてしまうので。そろそろコメディがほしいところ。

『ハヤテのごとく!』
僕もよく利用している秋葉原のア○メイトが、今回の舞台。
初めて店を訪れたナギの、
「ここが宝島か!?」
というセリフ、凄くよくわかる!
僕もオタクになりたての頃(もう15年以上前になるのか……)、初めてのアニメイトで、同じ気持ちでしたw
まあ、ナギと千春は、結局意見が合わないようでw
同じオタクでも、萌え(あるいは燃え)ポイントが違うと、どうあがいても合わないんですよね~。
日々実感しております。

『はじめてのあく』
キョーコの非公認ファンクラブが登場。ジローに対して敵愾心を燃やしまくります。
まあ、奴らのことはおいといて(え
キョーコの親友の2人、東雲雪路と中津川秋穂……めっちゃ可愛いですね!
自分の中でキョーコが一番なのは揺るがないのですが、かなり接戦ですよ、これは!
ラブやエロに積極的な雪路と、ピュアでそういった事に顔を赤らめる秋穂。
ああっ! どっちか選べなんて無理無理!

しかし、何度見ても、ジローとキョーコが宗介とかなめに見える……のは、僕だけじゃないですよね?

『最上の命医』
副院長の味方発言が怪しく見えてましたが、今回彼が語った理想がリアルで、「本当に味方になったの?」と信じてきている僕がいます。
まあ、いつもこうやって上手く騙される、ある意味良い読者なんですけどねw
でもほら、やっぱり信じたいじゃない? 副院長は実はいい人だったんだって。
雅がスパイ!? という展開ですが、ここまであからさまにしているってことは、確実に違いますよね。

『史上最強の弟子 ケンイチ』
ヒゲを剃るはめになり、リングの上で「しょぼーん」と正座する、ジェームズ志場が可愛いw
しかし、特急電車が通るタイミングを計り、ちゃっかり逃げ出すジェームズ志場。かわいいw
武田さんは、本当に美羽のことが好きだったんですね~。
なんかいいな、武術のライバルであり、仲間であり、恋敵。爽やかな青春!

『アラタ カンガタリ~革神話~』
ハヤガミの力を見せつけた革を見る皆の目がキラキラ輝いてる。
キミら、態度変わりすぎw
そして最終ページ。
( ゚∀゚)o彡°横乳!横乳!
横乳・下乳は、やはり最高です。

『お茶にごす。』
文化祭に乗り込んできた不良たち。
マーくんと山田、2人ともキレないでお茶たてられるんでしょうか。
今までのパターンからすると、マーくんは我慢してお茶を成功させ、文化祭が終わった後で山田1人で復讐。
さすがに今回は変えてくるかな?

『絶対可憐チルドレン』
とうとう、チルドレンが自分たちの未来を知らされました。
破壊の女王、禁断の女帝、光速の女神。
未来を知ったことで動揺が生まれて、パンドラへ傾いていく可能性が高まったかな?
それでも、皆本が3人を救ってくれると信じてます。
薫との愛を、これでもかってくらい見せ付けてくれることを信じています。
ニヤニヤさせてくれ~w

『オニデレ』
正の膝の上に座るサヤ。
ハァハァと熱い吐息をもらしつつ、顔を真っ赤にするサヤ。
「た…正…」
これは確実に入ってr(自主規制
サヤさんは今週も、破壊的な可愛さでした。
僕としては、会計女こと、サキさんが本命ですけども!

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

はちゅね

同僚の女の子から、『はちゅねミクの日常ろいぱら!』を借りました。
ご存知(?)初音ミクをディフォルメ化したキャラが、可愛く賑やかに大暴れする、4コマ漫画です。
もちろん、リンやレン、メイコ姉さんにカイトお兄さんもいますよ。みんな可愛くなってるw
ネギを鼻にぶっ刺すシーンが、大のお気に入り。
あとは、ネギが切れると大人(美少女)の姿になる、はちゅねもGOO。なぜか、性格もおしとやかにw

思わずクスッと笑ってしまう、心が和んでほんわかする4コマ。癒し系ですね。


はちゅねミクの日常ろいぱら! (1) (角川コミックス)はちゅねミクの日常ろいぱら! (1) (角川コミックス)
(2009/01/26)
おんたま

商品詳細を見る

テーマ : VOCALOID
ジャンル : アニメ・コミック

週刊少年ジャンプ9号の感想 その2

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』
Nゲージやら、HOゲージやら、鉄道模型の話。
鉄道模型は見ている分には面白いのですが、自分でやろうという気にはなっていなかったので、知識もほとんどありませんでした。
が、今回の両さんの説明は非常にわかりやすく、感心しながら読めました。
携帯電話で操作するラジコンミニカーをNゲージの町の中を走らせるのは、面白そう。
カメラによって、実際に走ってる気分を味わえるとか、いいですね~。

『マイスター』
作者は新人なのかな? サッカーマンガを描くにしては、ボールを蹴るシーンの絵に難がある気が;
他のサッカーマンガを貪るように読んできたためか、サッカーの動きをしっかり描けていないのが、読んでいる時に違和感を感じる原因になっています。
話や設定も、少年向けサッカー漫画には、お約束と言えばお約束。ありがちと言えばありがち。
明るい主人公、頼歩は好きです。あと、サイドのリーゼントもw
松戸や錦など、他のキャラクターもいいのですから、今後、斬新な設定や、あっと驚く展開が欲しいですね(偉そうだな、オイ

『ぼっけさん』
サユのストーカー、メケとの対決。
写真の中に手を入れることで、被写体の実際の身体に触れることが出来る能力。
携帯電話で撮った画像でも同じことができるという、便利さ。
これによって首をしめられるヒノでしたが、眠狐神の力を解放して、あっさりと撃退。
妖怪バトル物だけど、能力の内容がJOJOのスタンドっぽくて、好み。

『黒子のバスケ』
黒子の陰の薄さで試合中も見えなくなる技かと思っていたら、ちゃんとしたテクニックだったんですねw
が、それにも時間制限があるようで。相手も慣れてくると、黒子のテクニックに引っかからなくなるそうです。
慣れてきた海常レギュラーメンバーは、やはり全国区で。誠凛は苦戦を強いられます。
キセキの世代、黄瀬も絶好調。一度見た相手の技をコピーして、それ以上のスペックでやり返すという反則技を持っています。
しかしそこで、黄瀬にも弱点があることが判明。
コピー能力にも限界があったのです。それは……黒子のテクニック”ミスディレクション”まではマネできない!
さあ、次回、いよいよ反撃ですよ!

『SKET DANCE』
ボッスンと椿、仲良いなぁ……w
いや、犬猿の仲なんですが。顔を合わせるたびにケンカしつつも、なんだかじゃれあってるように見えます。
トムとジェリー♪ 仲良くケンカしな♪(ふ、古い……)って感じで。
しかしまあ……椿、かわいいぞ! かわいすぎ!w
ボッスンの口からでまかせの格闘技に興味津々なところとか、自分の必殺技とどっちが強いのかとか、缶コーヒーのこととか、もう何から何までかわいい!!
僕の中の乙女が疼きだしたぜ……(チネ

萌えつつも、笑わせてもらった今回でした。
電車の中で読んじゃダメ2号の称号を与えます。

『魔人探偵脳噛ネウロ』
ネウロVSシックス、ついに開戦!
シックスは、彼の部下だった五本指の能力を当たり前のように使い、恐ろしく強大な力を見せ付けます。その力でネウロを殺すのは簡単だと説明するかのように。
さらに、

「お前を殺す時……最大の屈辱と絶望を与えるにはどうしたらいいか」
「お前が軽くあしらってきた人間たちに惨殺される……なんてのはどうだ?」

彼の言葉の直後、シックスの娘イレブンが弥子の記憶を正確にトレースし、過去にネウロが一蹴した犯罪者たちの姿、能力をマネて攻撃してきます。
ドーピングコンソメスープ、すっごい久しぶりに見たwww
アメリカの国歌も久しぶり。フーンフフーンフーンフーンフーン♪
アヤさんの歌声で、観覧車も粉砕だ!

弥子も、「こんなの……かなうはずがない」と絶望。
ほんと、先週からずっと考えてますが……どうやって勝つのか、全く想像できないです。

『ぬらりひょんの孫』
はい。俺の嫁タイムがやってまいりました!
今回も可愛かったですね、雪女のつらら!(*´Д`*)
可愛い上に、夜の姿のリクオに説教までして!
ついには「俺の背中は任せたぜ」とまで言わせて!
あーもう! つらら最高! いい女すぎ!
可愛くてリクオ様命!で。面倒見がいいだけかと思ったら……
最後のシーン、めっちゃ強いじゃないですか!
正直、戦力にはならないだろうと、ずっと侮ってました! ごめんなさい!
このまま一気に、夜雀を撃破だー!

『TO LOVEる』
リトの家で、みんなで新年会(一部、欠席。その理由は作中で明かされますが)。
女子は振袖という、猿山のナイスアイディア!
小手川可愛いよ! もう俺のところに嫁に来い!
春菜可愛いよ! もう俺のところに嫁に来い!
はい、すみません。バカなのは自覚してます。エヘヘ。

モモの作ったすごろくをやることに。
バーチャルすごろく! 当然、止まったマスによってエッチなイベントがあるんですよね!
『TO LOVEる』だし! ε=\_○ノ イヤッホーゥ!
と思ってたら、やっぱりキタ――(゚∀゚)――!!
小手川のセクシー下着! 黒! レース!
普段お堅い小手川のエッチな姿! ブラボー!!
前のバーチャルRPGの時もそうだったけど、普段お堅いキャラや清純なキャラがエッチな目に合うと……もう最高です。鼻血で失血死してもいい。

次回は更にエスカレートしそうで楽しみ。

電車の中で読んじゃダメ3号、認定(違う意味でニヤニヤしちゃうから)

『アスクレピオス』
ロザリィVSカリギュラ。
ロザリィ強いぜ! 強いチビッコ大好きだぜ!
戦いの結果は……カリギュラの自爆でした(謀った人は、もちろんあの人ですがね)。
瀕死の重傷を負ったカリギュラを治療する、バズ。
やっぱりね~。この主人公は、絶対にこうすると思いましたよ。
読めた展開ながらも、いくら憎んでも憎みきれない敵・カリギュラを助けるバズは、素晴らしい主人公。
来週、再来週くらいで最終回かな~……。
好きだったのに、残念です(まだあきらめちゃダメだ!……とは思うのですがね)

『ピューと吹く!ジャガー』
ジャガーさんにツッコミ入れようとする時点で負け。命知らずw

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

週刊少年ジャンプ9号の感想 その1

表紙は『バクマン。』。サイコーとシュージンの勢いのある絵がgood。
「描くッ!!!」の文字が、シンプルながらも熱くて良い。

『アイシールド21』(巻頭カラー)
初っ端から、パンサーの凄い顔w
阿含と峨王の史上最悪コンビに潰された、ミリタリアのハゲ、カワイソスwww
ケンカ売った相手が悪かったですねwww
他にも、進に向かっての「キェエエエエ 誰コノ化け物ォ!!?」など、ミリタリア選手、いい味出してました。
大口叩いておいて、主人公チームにフルボッコにされるチーム。お約束だけど、笑わせてもらいました。
主人公チームの凄さも実感できて、読者にとっても爽快な演出なんですよね。
今週で、ミリタリアとドイツ戦を一気に消化。
決勝戦のアメリカ戦を、じっくり描きたいのでしょうけど……なんだかこの加速度、嫌な予感がします(打ち切r……いやいやいや!!)

『ONE PIECE』
レベル2の階層を進む(というか、化け物たちから逃げ回る)、3人組。
ルフィをエサにして脱獄を図る、バギーとミスター3。いいコンビですわw
でも結局、本人たちの意思とは逆に、協力してしまうことになる2人。巻き込まれ型キャラの典型ですね。
化け物スフィンクスとの激闘の末、戦いの衝撃で床が抜けてしまい、レベル3階層へ落下、というところで以下次号。

『NARUTO -ナルト-』
新技、拡大する螺旋丸手裏剣(正式名称、何でしたっけ?)と螺旋連丸で、確実にペインの人数を減らすナルト。
カエルさんたちとの連携も素晴らしく押せ押せムードだったのですが……仙術モードの時間切れになってしまいます。
これはまずいですねぇ。
天道相手に、ほぼ丸腰になってしまったのと同じです。
この状況でナルトを助けられる仲間なんて、戦力的にまずいないでしょうし。
昔だったら、サスケとかガアラとか考えられたんですがね。
ああ、どうなるんだろう;

『トリコ』
リーガルマンモス、でかっ!!!!
そして、生きていたロックドラムの1頭の蹴りで、一行はバラバラになってしまいます。
サニーと小松のイチャラブっぷりは見られましたが(誰も見たくない?w)
醤油バッタ、キモっ!!!!
でもクリーム松茸は美味しそう……(;゚д゚)ゴクリ…

『BLEACH』
戦い激化する、一護とベジーt……ウルキオラ。
一護は月牙天衝を放たず、斬魄刀にまとわりつかせ、威力を上げた斬撃を加えます。
しかし、ウルキオラも言うとおり。仮面の力+月牙でも勝てなかった相手に、これで勝てるわけがなく。
劣勢は続きます。
しかも! 織姫が、かつて彼女をボッコボコに虐めた破面女2人に捕まってしまいます。
このピンチの連続に、更なるピンチが!!
突如、乱入してきたのは……ナッp……ヤミーでした!!
久しぶり、ヤミー!!
……2対1……だと……!?(ドン!)
このままじゃ勝てるわけないって!!

『いぬまるだしっ』
メゾン・ド・ペンギンの頃から、実は大石先生を応援しています。
今作では、下半身丸出しのいぬまる君と、主人公(?)のタマコ先生が良いですね。
他の園児たちも皆かわいいし、園長先生も笑えますw
細かいギャグの怒涛の連続なので、全てに対して感想を述べる、あるいはツッコムのは無理なので、一言だけ。

電車の中では読んじゃダメ。

ニヤニヤしちゃったじゃないか! 隣の人に顔見られて、恥ずかしかったんだぞ、こんにゃろう!w

『家庭教師ヒットマン REBORN』
先週に引き続き、XANXUS様、強すぎ!!
そして、かっこよすぎ!!!!
イスにどっかりと深く腰かけ、箱兵器を閉じて腕組み&目を閉じるとか……。
王者の風格ありすぎにも程があるじゃねぇですか!!
XANXUS様になら、抱かれてもいい。

そしてこのセリフ。

「内部にどのような抗争があろうと、外部のドカスによる攻撃を受けた非常時においては」
「ボンゴレは常に──」

「一つ!!!」

ここで最後の見開きページ!!
ツナと守護者たち、そしてヴァリアー勢ぞろいの絵、めっちゃかっこいい!!

ボンゴレファミリー最高おおおおお!!

『PSYREN』
連載一周年突破、おめでとうございます!!
カラー扉絵の夜科、かっけぇぇぇ!!
子供たちかわいいぃぃぃ!!
とうとう、正体を現した、ワイズのリーダー、アマギミロク。
生命の樹という能力で、子供たちの1人、カイルが重傷に。
ミロクの攻撃により、崩壊する屋敷。その際、夜科はカイルをかばい、背中に傷を負ってしまいます。
ミロク怖いよ……。彼の背後に見えた無数の霊みたいなのは何なの?
今まで殺した人間……?
こいつはヤバすぎる……!

『銀魂』
やっとこさ、お通ちゃん公式ファンクラブ権争奪戦が終了。
最後は新八とトッシーの、ガチンコボクシング対決になりました。
その戦いの中で、新八とトッシー(あくまで土方ではない)は、お互いをライバルとして、そして友として認め合います。
結果、トッシーは成仏(?)。ファンクラブ会員証NO.1(永久欠番)という名誉ある遺影を、墓にそなえてもらえました。
さらば、トッシー。フォーエバー。

山崎、まさかずっとモヒカンのまま……?w

『バクマン。』
新妻エイジの元へ、アシスタントに入ったサイコー。
そこで出会ったのは、同じく赤マルジャンプに掲載された福田真太でした。
今風の若者で、髪は金色。態度がでかく、たいそうな自信家です。
仕事は最低限しかせず、残りの時間は自分の原稿に使うという、ふざけた奴です。
まあ、エイジにはアシなんていらないのも確かなんですが(背景も自分で全部描いてしまうとか……凄い)。

そんな良くない空気の中、エイジが、やっとサイコーに気がつきます。
彼、本当にサイコー(というか、亜城木)のファンなんですねw
サイコーに対する態度が、他のアシへの態度と大違い。子供みたいにはしゃいでるしw
最初はやる気がなかった福田も、エイジとサイコーが『CROW』について語り合うのを聞いているうちに、我慢できなくなり、思わず連載についてのアドバイスしてしまいます。
そして、3人の若者は『CROW』を面白くするにはどうすればいいかと、真剣に話し合い。
これからのジャンプを引っ張っていくことになるであろう若者3人か、一致団結!!

いや~。今週も熱かった!
毎回毎回、ぐいぐいと作品の中に引き寄せられる力が、この漫画にはありますね。
今のジャンプの中で、一番のお気に入りです♪

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

機動戦士ガンダム00セカンドシーズン 第16話『悲劇への序章』

1日遅れになってしまいましたが、簡単に感想を。

今回のストーリーのメインは、軌道エレベーター(の内の一つ、アフリカタワー)を占拠したハーキュリー大佐と、それを鎮圧に向かったアロウズとの戦い。
とは言っても、モビルスーツ同士の戦いがあったわけではありませんでした。
アロウズは、対人兵器のオートマトンを投入。
コンピュータ弄って、何かしてますよオートマトン。なんて高性能なんだ……。
そしてKILLモードで、エレベーター内のハーキュリー一派(クーデター組)のみならず、民間人まで虐殺していきます;
そこには恐るべき罠が……。
地球連邦はオートマトンが民間人を射殺するシーンを、編集改変。オートマトン部分をハーキュリー一派の兵士に置き換えて放送してしまいます!
アロウズのやり方を世界中に知らせ、世論を味方につけようとしていたハーキュリー大佐は、この映像によって、虐殺テロリストにされてしまいます。

一方、地上では。
先週に引き続き、刹那とミスターブシドーとの戦いが行われます。
逆恨みポニー(盟友)から贈られた、新型カスタム機『マスラオ』は、「奥義!」と叫び、トランザムを使用します。

「斬り捨て、御免!!」
完全に侍になりきってるwww

これには刹那もビックリ。ビックリしながらも戦うのですが……。
ブシドーさん、血! 血!
口から血出てるよ!! しかもダクダクと!!
結局、機体のパワーについていけてないブシドーことハム……かわいいよ!w
なんというダメ萌えキャラ……。
そこへトレミーと他のマイスターが到着し、仕方なく撤退することになるブシドー。

「あえて言おう! 覚えておくがよい!」(……でしたっけ? うろ覚え;)

そのセリフ言っちゃらめえぇぇぇ!! 一気に三下になっちゃうぅぅぅ!!
『獲物を前に舌なめずり』と同じくらい、雑魚臭がしちゃうのぉぉぉ!!!!

なんか、あれですね。
1st season終わりから2nd seasonにかけて、グラハムとサーシェスが物凄い勢いで小物になってきてて、残念。
イノベイターが優秀すぎるのも原因だとは思いますが……。

うーん……。今回はイマイチ面白くなかったかなぁ……。
話が全然進んでないですしね。
まあ、『悲劇への序章』というサブタイトル通りではありますが。
次回が本番ですね!
いよいよ、とうとう、軌道エレベーターが倒壊してしまうのでしょうか!
メメントモリ(2機目)が狙ってますし。
倒壊したら……エレベーターからの避難民が全滅ってことに……。
ハーキュリーとセルゲイもヤバイなぁ……。

個人的には、セルゲイは「いつも死にそうで結局死なない」という、『マクロスF』におけるオズマ兄ちゃんポジションでいて欲しいのです。
通称、『死なないフラグ』。


機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD]機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD]
(2009/02/20)
宮野真守三木眞一郎

商品詳細を見る

テーマ : 機動戦士ガンダムOO
ジャンル : アニメ・コミック

みのりんかわえぇぇぇ!!

熱は大分下がってきたんですが、まだ立ち上がるとフラフラするので、一日ベッドの中で過ごしました。
で、暇なので、今更ながら見始めました。『とらドラ!』。
弟の部屋からDVD1巻を借りてきて、視聴。1巻は第1話~第4話収録でした。

以前からニコ動などで、みのりんの可愛さは認識していたんですが、本編をちゃんと見るのは初めてです。
最終的には竜と虎がくっつくんだろうな~とは思うのですが、竜→みのりん、タイガー→北村くんの2つの片思いが、見ていてドキドキします。
……って、北村も大河のこと好きだったの!? これは結構意外でした。
みのりんは、(本人は自覚していなくても)ひょっとしたら竜のことが好きなのかも……とか、勝手に想像してます。むしろ僕的には、そういう展開を望んでいますw
ネタバレをなるべく避けるために原作小説もコミックスも未読のまま、最終回まで行きたいと思います。
いや、一気に見るのはなんだかもったいないな……。毎月、DVDを楽しみにしようかな。


とらドラ! Scene1(初回限定版) [DVD]とらドラ! Scene1(初回限定版) [DVD]
(2009/01/21)
釘宮理恵間島淳司

商品詳細を見る

テーマ : とらドラ!
ジャンル : アニメ・コミック

自分のバカー!!

ああ……なんてこった……。
昨日は、あれほど楽しみにしていた、坂本真綾LIVETOUR2009当日だったと言うのに……。
風邪をぶり返して、高熱でダウンしてました……orz
バカー、バカー、自分のバカー!!
生マーヤがぁぁぁぁぁ!!
あーもう、テンション下がりまくりですよ!!
体調管理出来ていなかった自分を許せねぇぇぇぇぇ!!

まあ、チケットがもったいないので、一緒に行く予定だった風子さんの弟さんに差し上げました。
風子さんたち、楽しんできましたか? 今度、話聞かせてくださいね(´・ω・`)

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

明日は何の日?

明日は何の日? ふっふ~♪
明日はそう!! 待ちに待った、坂本真綾LIVETOUR2009、イン東京国際フォーラムぅぅぅ!!!!
いや~めっちゃ楽しみですよ!! 初の生真綾です!!
彼女の生声で、存分に癒されてきます!!
テンション上がってきたぁぁぁぁ!!!!

というわけで、明日一緒に行くことになっているRO友達の風子さんと、チケット受け渡しのために、今日仕事が終わった後で会ってきました。
ROで散々遊んでるくせに、オフで会うのは実は初めてだったりします。
ゲーム内ではおっとりした性格で、丁寧で礼儀正しい。誰にでも優しい人、風子さんですが……リアルはどんな人?
緊張しながら待ち合わせ場所に行ってみると……すぐにわかりました。
ゲーム内と全く同じで、真面目で礼儀正しい方でした。
チケット渡してもらって代金を支払って、「ご飯でも食べましょうか」ということになり。
とても美味しい焼き鳥屋に連れて行ってもらいました♪
……てか風子さん……ビール飲みすぎですw
つられてこちらもグビグビと飲んでしまい、今もまだ頭がクラクラしています。
でも楽しかった~!
またお酒飲みながら、オタ話でもしましょうw

あ、2月にオフ会予定してるので、その時は仲間全員でバカ騒ぎできますね。
今から楽しみ(・∀・)

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

週刊ヤングジャンプ8号の感想 その2

『華麗なる食卓』
カレー勝負の合間の、いつものお色気エピソード。
琉球姉妹、相変わらず破壊的な可愛さだぜ……。
さらにそこに長女を加えてほしいところだけど、もう人妻ですしね。あきらめます。

チッ

個人的にはメイドよりも、ミニスカサンタが最高。
僕もトナカイの着ぐるみ着て、へきるんに乗られたい(バカ)

『B型H系』
やっとラブホまでたどり着いた2人。
ここまで来るのに、連載開始からどれだけ経ったんだろう……w(話数見たら、219話でした)
お風呂で背中の流し合いする2人。
山田の白い背中、細い腰、そして微妙に見えるお尻の割れ目……。
そして背中に触れた時の山田の声……。
「ひあっ!」
そりゃもう、小須田じゃなくても「ぶっちん」きますよw
そこで立ちくらみで倒れちゃうのが彼らしいですけどねw
僕が小須田の立場なら(以下自主規制)
そして脇役陣は、上手く行きそうで行かない、工藤と片瀬。工藤、がんばれ。超がんばれ。

『ノノノノ』
お父さんの顔、ひどすぎるwww
「昔の面影がなくなってしまった──」どこじゃないよ、ノノ!www

夜にこっそり抜け出して、父と兄にバレないようにジャンプしちゃうノノ。
「うっほほーうっほほージャンプをするぞ~」
「うっほほーうっほほーとんじゃうぞ~~~」
やべえええええええ!!!! ノノ可愛すぎるwwwww
キラキラしてる目とこれらのセリフで、ズキューンとやられました。

そして、最後のページ。ノノの秘密ジャンプを見てしまった、兄・悠太の複雑な顔。
飛距離を見ての嫉妬なのか、どんなに飛べてもオリンピックに出られない妹に同情しているのか……。
どちらにしろ、来週以降、さらに鬱な展開が待っていそうです;

『カジテツ王子』
ニートギャグ漫画も、すっかり安定しましたね。
最初はヤングジャンプの連載作としては、ジャンル的に成功するかどうか不安だったんですが。

今週は(も?)、僕的メインはチー坊でした。キャンギャル姿、エロイのぅ……可愛いのぅ……。

『カウンタック』
女の戦い、激化。
お願いですから、助手席の瞬のことも考えてあげてくださいw(眠ったまま天国に行きそうです)

『外天の夏』
なんだこの感覚は……。
昔、全く同じ空気を味わったぞ……。
懐かしい空気……。

開始当初から言われていたことですが、完全に『特攻の拓』じゃないですかw
作画担当が変わろうとも、女の子が可愛かろうとも、やってることはそのまんまじゃないですか!
でも、今のところ、夏ちゃんに拓ちゃんほどの魅力がないんだよなぁ……。これから?

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

週刊ヤングジャンプ8号の感想 その1

表紙と巻頭グラビアは、谷桃子。
( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!

『新サラリーマン金太郎』
娘に煙たがられる金ちゃん、せつなすw
世の中が世界同時恐慌と言われているくらいの不況。
2009年は、更に倒産する企業が後を絶たないのでしょうね……。
そんな暗い時代だからこそ、金ちゃんの元気を分けてもらいたい読者は多いはず。
さて。金ちゃんの思い出、というか、人生そのものであったヤマト建設。
サラリーマンとしてスタートし、成長するにあたって、莫大な経験を積ませてくれた、命と同じくらい、いや命よりも大切な、ヤマト建設。
そんなヤマトが……
伊郷さん「今週末に会社更生法の適用を申請する」
金太郎「なっ……なんだってえっ……」
自分の親とも言える企業が重大な危機を迎える。
正直、金太郎が何をしようとも避けられない事態ではあるのですが……。
でも金太郎なら何とかしてくれる! 頼む! という気持ちになれます。
これが、本宮先生が与えてくれる勇気なんでしょうね。

『キングダム』
敵軍の真っ只中に、単身乗り込んで来た趙の大将ホウケン。一方的に殺戮される、秦の飛信隊。
キョウカイも息切れし、信も気絶から回復したばかりで朦朧としている。
そこへ、更に恐怖が迫り来る。武将・マンゴク。
絶体絶命のピンチに、秦の援軍も到着。カンオウの騎馬隊登場!
ホウケンに対し弓による一斉射撃を試みますが、ホウケンは何と、死体を振り回して盾に。
その描写に、読んでいる側としても恐ろしくなりました。おそらく僕がその戦場にいたら、最低でも失禁はしていますね、ええ;
最後、カンオウ騎馬隊長は、戦場広く散らばった秦の兵士たちに、怒号を飛ばします。
「カンオウ軍 三千 全兵士に告ぐ!! この地に集まれ!! あそこに居る男が、趙軍大将ホウケンなるぞ!!」
「十万の軍の大将首がここにある!! とれば一生遊べる財が手に入る!! 集え、皆の者!! 早い者勝ちだ!!」
「他の趙兵には目もくれるな!! 敵は唯一人!! ホウケンの首をとれェェ!!」
直後、ホウケンに殺到する秦兵たち。
キングダムお得意の、震えの来る演出。鳥肌ものの迫力がありました!
恐怖と興奮を抱えたまま、次号を楽しみにしたいと思います。

『夜王』
ロミオ大阪支店が開店早々、本格的に内部分裂してしまった、今回の事件。
そんな状況でも、遼介は部下のホストを信じ続けます。
そして部下もまた、出会って間もない遼介を心の底から信頼し、尊敬していたんですね。
遼介、相変わらずのカリスマ(不思議パワー)です。
最後のシーン。麗美さんからもらった大切なスーツを汚してまで、体を張って事件を解決しようとする遼介。
これを見て、真犯人が名乗りを上げるのか。そうは簡単に解決しないのか。
大阪編最初のエピソードなので、これ以上長引かせるのもどうかと思いますし。
来週には丸く収まるといいなぁ。

『ハチワンダイバー』
そよが、100面指しを開始!
まずは100人の中から、特に棋力の高い真剣師5人を見抜きます(人間スカウターすげぇ!)。
そして、その5人以外を一気に飛ばす!! 体力を消耗しつつも、これを達成!!
派手に息切れしながら、いよいよ本番。真剣師5人と同時対戦。
ギャラリー「十傑!!!! そう簡単にはやられない!!!!」
そよ「キッ!!」
バチン!! バチン!! バチン!! バチン!! バチィィィィィン!!
瞬殺でしたw
ええい、アキバのメイドは化け物か!!
強いにも程があるだろ!
これよりも強い(だろう)鬼将会の面々って、どんだけだよ!w
そうツッコミを入れつつも、今週も勢いで読んでしまいました。
将棋を知らないのに面白い。なんて素晴らしい漫画だ……。

あ、主人公のハチワン君は、今週ずっと寝てました。

『GANTZ』
ラストミッション開始。ガンツルームに転送された、いつものメンバーたち。
一人泣き言を言う、ヘタレ稲葉。取り乱しすぎw
そんな稲葉を冷たい目でチラ見する幼児のコマに、思わず噴出してしまいましたw
メンバー全員を鼓舞する玄野。こういう時の堂々としたリーダーっぷりには感心します。
伊達に最古メンバーじゃないですね。
玄野と加藤のコンビプレーが早く見たい!
でも……ほとんど全員死んじゃうんだろうなぁ……。ラストミッションだし。
どいつもこいつも、ミッション直前の日常で、死亡フラグ立てまくりだったし……。

『ヘタコイ』
流香さん可愛い。最高。
かつての恋人ツッチーに再会しながらも、懐かしい友達として振舞える彼女に感動しました。
コマイ、いい娘と両思いになれたね( ;∀;)
あとは流香が告白して、晴れてハッピーエンドだ!
……とか思ってたら……。
ツッチー何してんだぁぁぁ!!
突然、流香にキス。驚く流香。
そして……それを目撃してしまったコマイ……。
直前の楽しそうに話してる流香も見てしまっていたので、これはかなりこじれた誤解に発展しますね……。
ああ、素直には終われないのか。やっぱりこうなってしまうのか。
だからこそ面白いのですが。

『TOUGH』
バトルキングが2人!?
ああ、やっぱり生きてたね、鬼龍。
……それじゃお約束すぎますかね?

『嘘喰い』
今週も、マルコと箕輪の戦い。更に激しさを増しています。
圧倒的な箕輪の戦闘力に、なす術もなく死を迎えつつあるマルコ。
大方の読者の予想通り、マルコ覚醒で次号に続く。王道だなぁw
迫力のある戦闘シーンは素晴らしいのですが、展開が当たり前すぎて残念。
ギャンブル対決のシーンが裏のかきまくりで最高なだけに、余計にそう感じますね。
「ギャンブルと暴力」という2つのテーマを掲げているわけですから、戦闘に関してももう少し頑張って欲しい。

『SIDOOH 士道』
高杉のやつれ方が半端じゃない。結核でもう今死んでもおかしくない状態ですしね。
その病におかされまくった男の顔の描き方が、とてつもなく上手い。
そして、潔く切腹を受け入れる鮫。あんた、ホンマモンの武士や……侍や……(´Д⊂ヽ
高杉と鮫の2人が笑いながら楽しそうに翔のことを語るシーン。読んでいて涙が出そうになりました。
それよりも、源が鮫の切腹を乗り越えられるか、心配。
乗り越えて立派な侍になれることを祈っています。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

週刊少年サンデー8号の感想 その2

感想のつづきです。

『お茶にごす。』
お茶の心を取り入れつつも、基本は恋と友情。青春。
ギャグを織り交ぜつつも、爽やかに展開していくストーリーは好感が持てます。
しかし、文化祭に向けて、なにやら不穏な動きが。マーくんと山田が、いかに暴れずに解決できるかが楽しみ。

『金剛番長』
清純可憐なアイドル「ソララ」は、実は金剛番長の妹だった!という引きで終わった、前回。
歌を歌いながらも、中野区の独占番長の首を絞め落とします。さすが金剛の妹w
最後は極上のスマイル&ウインクで「知ったことか!!」と、お決まりのセリフ。
さすが金剛の妹。

『ダレン・シャン』
うあー……最終章なんだよなー……。もうすぐ終わっちゃうんだよなー……。さびしい。
思い返せば……初期は作画が拙くて、「大丈夫か?」と不安になっていた『ダレン・シャン』。
みるみるうちに絵が上手くなり、話も盛り上がり、気づけば大ハマリしてました。
読んでいる内、次々に死んでいく仲間に涙しつつも、彼らの誇り高き戦いの日々に敬意を表していました。
そんなバンパイアとバンパニーズの戦いも終わりを向かえ、ダレンの運命の決着を残すのみ。
タイニーによってリトルピープルにされたダレンは、18年前のサーカスの夜にタイムスリップします。
物語冒頭、全ての運命が動き出したきっかけの夜です。
そこでダレンは、いったい何をするのでしょうか。何ができるのでしょうか。
僕はただ、結末を迎えるまで、じっくりと読みたいと思います。

あ、映画化らしいですが、正直不安ですw

『オニデレ』
サヤさん可愛いよな~。こんなに自分のことを愛してくれる娘がいるなんて、羨ましすぎるぜ正。
こんなカノジョいたら、他に何もいらないよな~。
僕にも愛をください(リアルで)。

『アーティストアクロ』
能力バトル物の王道的作品ですな~。物語も、キャラクターも。
「どこかで見たな……」的なキャラと能力。
それでも読み続けているのは、つまらなくはないからなんだろうけど……。
何かもう一つ、斬新な設定とか欲しいですよね。飛びぬけたものがない。

『月光条例』
藤田作品は全部大好きで、特に『うしおととら』は僕の人生に多少なりとも影響を与えていると思えるくらいに神作品なのですが。
これはどうも、イマイチハマれていない。
主人公の月光も、ヒロインのエンゲキブも、どうも好きになれないし。
歪んだおとぎ話の住人を倒して、物語を本来の正しい姿に戻すという設定は、非常に面白いのだけれど。
始まってからだいぶ経つので、そろそろ「今後に期待」と言ってもいられなくなってきた。

『三ツ星のスペシャリテ』
フランス料理のシェフを目指す中原三星。
料理に関しては全くの素人の彼が、天才的な記憶力の良さを武器に、料理人として成長していく話。
……なんですが、やはり他の料理漫画に比べると、ストーリーの面白さで劣ってしまっている気がします。
フランス料理の様々な知識は読んでいて感心したり楽しんだりできるのですが。
今回のモンスタークリアンのエピソードみたいに、料理人情物を続けていけば、あるいは生き残れるのかもしれないなぁ。

『最強!都立あおい坂高校野球部』
正直、甲子園編だけの野球漫画ってどうなんだろうと、ずっと思ってた。
設立したばかりの人数ギリギリの野球部が、甲子園優勝に手が届きそうとか……。
いわゆる「俺TUEEEEE!!」を見せられてる感が強い。
試合に一度も負けない、挫折を見せないスポーツ漫画って面白いのか?
「お前ら、満足か? こんな野球漫画で……。俺は……嫌だね……」
と、三木ボイスで呟いてみたい。

『キングゴルフ』
不良が「わがままな奴が王様になれる」とそそのかされて、ゴルフを始めて、その魅力に取り付かれて、才能が開花していく話。説明終わり。
絵は好みじゃないけど、話はまあまあ面白い。
でも……短命そうだなぁ……。

『トラウマイスタ』
能力バトル漫画。
スジャータさんの胸は頂いた。
( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!
ファーブルも頂いた。
( ゚∀゚)o彡°ツンデレ!ツンデレ!
……ごめん、女の子しか見てませんw

『ギャンブルッ!』
絵が嫌い、という理由だけで最初の頃読んでなくてすみませんでした。
反省してます。かなり面白いです。
沢尻の兄ちゃん、かっけええええ!!
というか、マサル……いつのまにこんなイケメンにw
いやー……いよいよ、ギャンブルバーリトゥード決勝戦ですな!
母親のため、絶対に負けられないマサル。
それが何かはわかりませんが、同じく絶対に負けられない理由がある、沢尻。
盛り上がってまいりました!

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

週刊少年サンデー8号の感想 その1

どうも。僕です。風邪治りません('A`)

週刊少年サンデー8号の感想を書きますとも!

『はじめてのあく』
巻頭カラー。藤木先生は『こわしや我聞』の時から大好きさ!
國生さん大好きだったさ!
女の子はみんな可愛かったけどね!
で、新連載3回目です。今作のヒロインも可愛いね。元気な娘、大好き。二次元でもリアルでも大好き!
表紙絵の花畑に座ってる姿にやられました。
やられました……が! やはりキョーコは眼鏡ありきだと思うのです。眼鏡!
最近、眼鏡っ子に夢中です。二次元でもリアルでも大好き!(大事な事なので2回言いました)
朝、起き抜けに、まだパジャマ姿のまま(ここポイント)、ベッドでジローに言い寄られるキョーコ。
顔を真っ赤にして慌てるキョーコ。
もうこのページだけでご飯3杯いけますよ、ええ。
早くコミックス出ないかね~。気が早いですね、ええ。

『名探偵コナン』
強盗事件、無事解決。ピンチのコナンを助けたのは、赤井秀一(シュウ)でした。多分。
ジョディ先生の妄想じゃなければ。シュウかっこいいよシュウ。
黒づくめの組織との最終決戦で仲間として再登場するシュウに、今から期待。

『最強の弟子ケンイチ』
ケンイチと武田のガチンコスパーリングも佳境。
お互いに流水制空圏で手を読み合う。
そして武田の「オートゥリズム!(無拍子)」が炸裂。ケンイチはその手を読めてはいましたが、かわせませんでした。わかっていても避けられない攻撃ってやつだ、とは谷本夏くんのお言葉。
このまま武田が押せ押せかと思いましたが、その時、ケンイチの「流水制空圏第二段階」を発動!
武田の懐に入り込み、背面へ向かっての無拍子を放ちます。
これで武田の意識は飛び(それでも戦おう、向かって行こうという威圧感を見せた)、最後はジェームズ志場がタオルを投げ、TKO。勝負は決まりました。
いや~、熱い戦いでした。仲間同士の2人が見せた、本気の組み手。これを機に、2人は更に強さを増すでしょう。
しかし気になるのは、武田が本当に美羽さんを好きなのかどうか。……好きなんだろうなぁ。

『結界師』
緊迫した、裏会最高幹部会合のシーンから始まります。
正守に、何かと突っかかってくる狐面の男。正守と奥久尼が練っていた作戦の事も知っていたみたいだし、何か重大な秘密を持っていそう。
それより、奥久尼が殺されたことで、正守が最高幹部内で孤立している現状が、不安をあおります。
大丈夫、正守?;
そして、扇一郎を殺した、実の弟の扇七郎。彼の目的も不明のまま。
預言者団体「蛇の目」も良守の前に再度現れ、事態は更に混迷を深めます。
裏でさまざまなことが一度に動いていて、読んでいる側が追いかけるが大変。
その分、毎週ワクテカで読めるんですが。
全ての謎が解けた時のカタルシスを、今から楽しみにしていましょう。

『MAJOR』
吾郎の指のしびれは、血行障害でした。野球選手やテニス選手がよくなる病気とのこと。
安静にして経過を見ようと言うドクターに、吾郎は無断で帰ってしまいます。
ドクターストップで試合に出られなくなるのを恐れて。
結局、病気のことを隠して試合に登板してしまいます。というところで、以下次号。
うーん……。吾郎の性格からして仕方ないんですが、わがままにも程がありますよねぇ……。
この件で試合にも負けて病気もひどくなり、ってことで、余計な迷惑をかけるだけですよ。
どうも昔から、吾郎のこういう所が好きになれない;

『神のみぞ知る世界』
かみやたけしオススメの漫画の1つです。
今回のターゲットは、美人女教師(教育実習生)。長瀬先生きれい……っていうか可愛いよ!
桂馬に、やたら絡んでくる先生。反応に困って赤くなる桂馬がかわい……いや、面白いw
シリーズがまだ始まったばかりなので、詳しい感想は来週以降。

『アラタカンガタリ』
今週はバトル回。革のハヤガミが現れたところで終了。
……って、書くことないよ~……。
この作者さんの漫画は『ふしぎ遊戯』が好きでしたが、あの頃よりもストーリーに魅力を感じない。
僕の好みが変わったのか、物語の進行そのものにハマれていないのか。
ヒロインは可愛いんだけどねぇ(そればっか)。

『魔王』
「巨乳大好き」から始まる今回はw
スズメバチキター!
エロカワイイよ!'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ
安藤弟! 今すぐそのポジションを代わりなさい!
僕もスズメバチたんに顔面騎乗してもらいt(毒殺)
あ、弟が犬養との対決を決意しました。

『最上の命医』
まさか……こんなに早く、副院長が味方になるなんて!
熱い展開ktkr!
「西條命を中心とした、新生平聖グループを作り出す……。患者と医者……全ての者に幸福を与える最上の医療機関を誕生させるのです」
副院長から、まさかこの言葉が聞けるとは!
目を開いた副院長かっこいいよ! 惚れた!

『ハヤテのごとく!』
バニーサキさんエロいです。1人ください。
眼鏡メイドを1人ください。高所恐怖症の胸なし生徒会長が本命ですがね!
ハヤテの運の無さを逆手に取った、ワタルの作戦勝ちでしたなw
サキを大事にしてるワタルの気持ちも垣間見えて、良い回でした。

『MIXIM☆11』
壱松はあれですね。烈火とギンタを足して2で割ったような感じ?
作品自体は、『烈火の炎』風な気がします。スピード感と迫力はあるんだけど、どうもストーリーに盛り上がりが少ないというか……淡々と進んでいます。
いや、嫌いなわけではないですが(ちゃんと毎週読んでますし)。
まあ、まだ序章くらいなので。これからに期待。

『絶対可憐チルドレン』
賢木と紫穂のフラグ、相変わらず立ちっぱなし。もうくっついちゃえよ。
相変わらずオカマ(大鎌)は、キモ面白い。
薫と皆本のイチャラブっぷりはこの前たっぷり堪能したので(薫、めっちゃ可愛かった)、しばらくはいりません。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

ホコリがぁぁぁぁ!! 気泡がぁぁぁぁ!!!!

突然ですが、僕は不器用です。
「自分、不器用ですから」とか、高倉健様ばりの渋声で言えれば格好もつくのですが、変に高い声なので無理です。
自分の声、コンプレックスです。渋くて低い声になりたい……。

いや、そんなことはどうでもいいのですが。
PSPやDSの液晶画面に張るフィルターありますよね? 汚れとか傷からスクリーンを守るやつ。
あれを貼るのが、大の苦手です。苦手どころか、天敵です。親の仇です。チクショウ。
まず、貼る前に必ず、画面にホコリが舞い落ちる(俺の部屋が汚いの?)。
そして、そのホコリのせいで、せっかく貼ったフィルタとの間に気泡ができる。
スクリーン中央から端へ向かって気泡を押し出してみようとがんばる。
さらにひどくなる。
鬱になる('A`)

いや、ちょっとのホコリとか気泡なんか気にしなければいいんですがね。
そこはほら、あれですよ。神経質なA型なので。
自分でもウザいくらいの神経質ですよ、僕は。
例えば、部屋のテレビ台がフローリングのラインと平行あるいは垂直じゃないと気になる。
少しでも曲がっていると直す。
ソウルイーターのキッドのシンメトリーに対する異常なまでのこだわりに近いものがあります。
そのくせ、片付けるのが面倒くさくて、部屋がすぐに散らかる。
……神経質なのか大雑把なのか、はっきりしてほしい。はっきりしてください、僕。

で、話を戻しますけど。
PSPの液晶保護フィルタがはがれてしまったので、仕事帰りに新しいのを購入したのですよ。
キズがついても、次の日には自動的に修復しているという、マジックフィルタ! すげぇ! サイエンス!!

……ホコリ&気泡のコンボは健在でした。鬱だ。


PSP(PSP-1000、2000、3000)用液晶画面保護フィルム『マジックフィルム』PSP(PSP-1000、2000、3000)用液晶画面保護フィルム『マジックフィルム』
(2008/03/31)
Sony PSP

商品詳細を見る

テーマ : PSP
ジャンル : ゲーム

今週の少年ジャンプ感想

風邪は昨日よりマシになったものの、まだ喉が痛い。咳と鼻水が止まりません。
熱は下がったみたいですが、それでも微熱はありますね。油断できない状況。

さて。今週号の少年ジャンプの感想を、作品ごとにつらつらと。

『銀魂』
お通ちゃん公式ファンクラブを賭けた戦いも、いよいよ佳境。今回はカードバトルです。
遊戯王的な流れでしたが、補助カードの内容が、いかにも銀魂らしい。
とは言え、イマイチ笑いのインパクトには欠けた気がします。先週の口説き合戦が面白かっただけに、残念。
ところでこのシリーズ、いつまで続くんでしょうか。そろそろgdgd感が……;

『ONE PIECE』
ルフィとバギーのコンビは、見ていてとても楽しい。会話のテンポ、ノリとか最高です。
ルフィはもちろんだけど、バギーも相当強くなったみたい。バラバラの能力に磨きがかかっています。
そして、バロックワークスのミスター3との再会。
えーと……どんな能力でしたっけ……。見た目や口調(~ガネ)は覚えているんですが、詳しくは忘れてしまいました。コミック読み直さないとな~……って、どこにしまったか謎空間。
それよりも、七武海のジンベエですよ! かっこよすぎ!!
こういう仁義あふれる男、大好きです!!

『NARUTO』
ナルト強い……! 強すぎにも程があります。
これはあれですね。ドラゴンボールでパワーアップした悟空が仲間の元へかけつけた時と同じ感覚。
ワクワクして読みながら、自分の顔がニヤけるのを抑え切れませんでした。
忍術が効かない相手に対しての蛙組手も強い。自然の力、恐るべしですね。
最後は「新術でいっきに決めてやる!」的なナルトのセリフで次回への引き。
「いっきに決めてやる!」→決まらない、はお約束w

『トリコ』
サニーの能力説明の回。ただそれだけで、ストーリー的な面白さは無かった。
現れたGTロボに向かって唸るテリー。
GTロボは相変わらず不気味ですねぇ……。こういうデザイン好き。

『リボーン』
ザンザス様の箱兵器は、ライオンとタイガーのミックスでした。ライガァァァァ!
アニメ『獣神ライガー』を思い出した俺は、もう若くない。
この作者の絵は割と好きなんですが、バトルになると、ゴチャゴチャしてよくわからない。
展開も、もう少しサクサク進めて欲しいなぁ。

『BLEACH』
ウルキオラの速さについていけるようになった一護。
えーと……キャラや絵はかっこいいんですが、いつも通りの展開の遅さ。
いつもの『技を出す→技を返す→もっと強い技を出す→「本当の力を見せてやる」→ドン(つづく)』な流れとは少し違いましたが、それでも遅い。話が進まない。
ウルキオラ→織姫の気持ちを少しずつ垣間見せたりしていても、どうも効果的にストーリーに絡ませられていないような……。
久保先生は、もっとスピーディーに話を持っていけると思っています。それだけに、長らく続いている同じことの繰り返し状態は、そろそろ抜け出して頂きたいところ。
以前、織姫をいたぶっていた女2人が、どう動くかが来週の楽しみではあります。

『バクマン』
昔、リアルに漫画家を志していた自分としましては、今一番気になっている作品です。
上手くストーリーが作れないシュージンは、サイコーとしばらく離れて作業をすることに。
サイコーはと言うと、なんと新妻エイジのアシスタントに! これには結構驚きました。
小豆との恋愛よりも、シュージンとの友情描写や漫画家への過程が楽しみだったりします。

『ぼっけさん』
西先生ワールド炸裂しまくってますね~。
これは前作のムヒョを読んで慣れていなかった人には、少々ついていきづらいかもしれません。
今のところ、まだ世界設定がよくわかりません。始まったばかりで明かすわけにはいかないのでしょうけど。
主人公のヒノとヒロインのサユが可愛いですね。特に、ヒノの猫耳に猫手! 猫好きにはたまりませんw
町で起こる、『ぼっけ』たちによる連続殺人という恐怖は、よく描かれています。

『黒子のバスケ』
つまらなくはないのですが、話がありきたりと言うか……。
黒子が存在感ゼロなために、相手に気づかれずにドリブルやパスが出来るというのは、面白い設定ですが。
今後、キセキの世代が続々出てくるのでしょうが、全員出るまで連載が続いているk……ゲフンゲフン。

『PSYREN』
雨宮ちゃんが出ていないので、読みません。
……ウソです。ごめんなさい。
子供たちが可愛いので読んでます(オイ)。
敵の弟だと思っていたキャラが実は黒幕で、ボスキャラを操っていたという展開。
うん、読めてましたw 読めてはいましたけど、こういう話は好きですね。
夜科とカゲトラの絆も垣間見えて、満足。年齢を越えた友情(師弟愛)はいいものですね!

『ネウロ』
いよいよ、シックスとの最終決戦開始!
と思いきや、いきなり弥子に完全変身していたⅩⅠ(イレブン)の手により、ネウロ負傷。
しかも傷の治りが明らかに遅くなってるぅぅぅ!
ネウロ、大丈夫なの!? シックスが呼び寄せてるアレって何なの!?
なんだろう、この絶望感。シックスにどうやって勝つのか、不安で楽しみで、やっぱり不安で仕方ない。
早く来週号読ませて!

『ぬらりひょん』
夜のリクオかっけぇぇぇ!!
かくれんぼする昼のリクオかわえぇぇぇ!!
そして鬼役は雪女つらら(俺の嫁)。かわいすぎるぜこんちくしょう(*´Д`)
この漫画のヒロインはつららだと、声を大にしていいたい。
一緒にかくれんぼしたいお(*´∀`)
……うん、自分でもキモイと思う。

あ、リクオ様ピンチです。でっかいヤバイです。たまずきに刺されて倒れちゃいました;
トドメさされる!というところで、つららが滑り込みガード!
「み~つけた」
あ、俺……鼻血で失血死するかも。

『ジャガー』
まあ、いつもどおりw

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

風邪と大人買い

一昨日くらいから「風邪っぽいなぁ……」と思っていましたが、昨日かなり体調が悪化し、仕事を定時で帰ってしまいました。残業してた皆、ごめん。
今朝起きたら、熱が38.0度ありました。ひぃ。


そんなわけで、ベッドに入ってマンガ読んでるわけですが(ブログもマンガもやめて寝てろと思わなくもありませんが)。
先日、全巻大人買いした『ソウルイーター』を読み始めています。
前々から気にはなっていたんですが、時間が無くて読んでいなかった作品。友人の強烈な「マカかわいいよマカ。マッカマカにされちゃうよ」との猛プッシュを受け、ついに購入。
まだ3巻までしか読んでませんが、背景や世界観が独特でいいですねぇ。空に浮かんだ顔つきの三日月がドクドクと流血してるとか、他ではなかなか見ないセンスだと思いますw
話のテンポもいいし、キャラクターがみんな魅力的すぎる。

でも、ごめんよ友人。マカも可愛いけど、椿さんに惚れたよ。
ブラック☆スターもバカ(ほめ言葉)で好きになりました。
このコンビいいなー。
というか、嫌いなキャラいませんが。

この分だと、アニメも見ちゃうだろうなぁ。
……時間足りるのかいな。


ソウルイーター (1)ソウルイーター (1)
(2004/06)
大久保 篤

商品詳細を見る

テーマ : SOUL EATER -ソウルイーター-
ジャンル : アニメ・コミック

再スタート!

こんにちは。こんばんは。お久し振りです。あるいは、初めまして。
『かみやたけし』と申します。

同じ名前のブログを読んで頂いていた方もいるかもしれませんね。
実は、前ブログでの『かみやたけし』という名前は、僕と友人の共同ハンドルネーム、そして創作活動をする際の共同ペンネームでした。
『ゆでたまご』とか『室山まゆみ』みたいなものですね。
なので、前ブログの内容は、やたらハイテンションにオタクライフをつづっている日があるかと思えば、暗い感じの日常を書いた日もありました。
二重人格とか躁鬱だったわけではありません。

ずっと2人で活動していたわけですが、去年より、相方がネットや同人での創作活動を一切辞めました。もちろんブログも。
まあ、色々と理由はあるのですが(相方の健康面ですとか)、ある日、僕1人になってしまったのです。

僕も昨年は忙しかったため、しばらくはネット上で何もしていなかったのですが、今年に入り少し暇になってきたので、改めてブログを再開してみようかと思いました。
このブログを読んでくれて、少しでも相方が以前のように明るく元気な人間に戻ってくれれば、という想いもあります。
そしてまた、以前のように、2人で楽しく活動する日がやってくることを願っています。


長々と私情をつづってしまいましたが、再誕した『かみやたけしの遊日記』を、どうかこれからもよろしくお願いします。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

プロフィール

かみやたけし

Author:かみやたけし
アニメ・マンガ・ゲームを愛しています。
ここ10年以内のマイフェイバリットアニメは『天元突破グレンラガン』!
周りに布教しまくりんぐ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。