スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊ヤングジャンプ9号の感想 その2

『ノノノノ』
ノノの兄、悠太が……ついに壊れた……。
もう何もかもがどうでもいいといった、酷く歪んだ笑顔。
類まれなる絵の才能があり、コンクールに出した絵が内閣総理大臣賞を受賞という、素晴らしい功績を得ましたが……時既に遅し。
スキー板に灯油をかけ、火をつけようとします。
これが原因で火事に……。そして死……。

かつての野々宮家は、暖かい愛に溢れていました。
みんながみんな、スキージャンプを愛していました。
それなのに、たった一度、父がオリンピックで転倒して金メダルを逃しただけなのに……。
全ての運命が狂い、壊れてしまった。

とんでもなく暗く鬱な展開の過去編で、正直読むのが本当に辛い。
しかし、この過去編を読むことで、現在のノノの明るさが、更に際立って見えるという良い点もあります。
過去の事件から今までに何があったのでしょう。何が彼女を、ここまで明るく立ち直らせたのでしょうか。
男のふりをしてまでジャンプで金を取る。そう決意するに至るノノを、じっくり見守っていきたいと思います。

『SIDOOH/士道』
鮫の切腹が、明日に迫った夜……。
泣くのをやめない源に、鮫はオカリーナを演奏して聞かせます。
「オレは……共にいる。家族として……な」
「この音も刻んでくれ」
鮫の一言一言が、翔と源、そして読者である僕にも深く染み入ってきます。
雪村兄弟を暖かく見守ってきた、兄的存在の鮫。
皆を裏から支え、戦い、命を救ってきた鮫。
できれば晴れやかな顔で逝って欲しい……。死の恐怖を乗り越えた、真の士道を見せて欲しい……。

本当は死んで欲しくなんかないですけどね!!(TдT)

『カジテツ王子』
スケベセンター試験、アホすぎwww
しかし姉ちゃんは、本当に毎回、お色気担当以外の何者でもないですね~。
だからこそ、たまにある姉ちゃんのシリアス話が映えるんですが。

『孤高の人』
現在の雪山のシーンと回想シーンが交互に描かれるのは、今週も同じ。
ただ回想シーンが長い上に唐突なので、時間軸がよくわからなくて混乱することがあります;
カマキリ女、本当に怖いよ!! ストーカーだよ……!!
森くんは、ますます山に逃げるしかなくなるんですねぇ……。
最後は一番落ち着く雪山で、心安らかに死んでいくエンドとかありそう。

『夜王』
自爆発言で、自ら犯人だと証明してしまった剣星。
修派だった剣星の責任を取るため、修は遼介に、自分を殴るように言います。
悩んだ末、皆の前で甘さを捨てるために、遼介は修を殴ります。何度も何度も。
これによって2人の絆がホスト達全員に伝わり、ロミオ大阪店は初めてきちんと、結束を固めることになりました。
結局、剣星はライバル店の手先でした。今回の件を皮切りに、更に陰湿なロミオ潰しが始まりそうです。

『モートリ/妄想の砦』
葉月京先生の描く漫画は、エロティックではありながらも、決して変態的ではありません。
絵柄だけでなく、内容もどこかオシャレ感を滲ませているからでしょう。
しかし、童貞狩りとかアホっぽくて笑えますねw
そんな内容を真面目に描く葉月先生、大好きですw

『外天の夏』
今回も見事に『特攻の拓』でしたw
伊織くんなんて、まんまマー坊くんじゃないか!w

族の世界が自分の日常とかけ離れていることに、戦争の中でやっと気づく夏。
「まるで……黙示録……。戦争だ……これは戦争なんだッ!!」

次回、夏は逃げ出すのか? それとも戦争を止めるため、1人立ち向かうのか?
立ち向かうったって、今の夏じゃ無理ですよねぇ……。
冬兄貴の霊が降臨でもしない限り。

ん? アリか……。
戦争を止めた夏にオーバーラップして、冬の姿を見る族の皆さん。
……って、思い切り最終回っぽいなw

『犬のジュース屋さんZ』
なんかもう、シュールすぎて……どう感想を書いたらいいのかもわかりませんw
立体君の身体がシュールというか、可愛い絵柄のせいで、余計にグロく見えてしまいました。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

週刊ヤングジャンプ9号の感想 その1

『嘘喰い』
せっかく淹れたコーヒーを、伽羅に「まずい」とバッサリ言われた夜行。
プルプル身を震わせて動揺してる夜行。カワユスw

それはさておき、マルコVS箕輪、決着!!
最後に箕輪を倒した瞬間は、かつての暴れ狂うロデムではなくなってましたね。
「迷い翔ける極上の戦士」マルコ。
かっけえぇぇぇ!! なんか後光射してるし!!
ついにマルコが、廃ビルの悪魔ことロデムの人格を捨てた瞬間です。
新たな戦士の誕生! バンザーイ!

あとは獏(正しい漢字が変換で出ません)さんが、警視庁に巣くう悪、天真をギャンブルで倒すだけだ!!
今回もスカッと爽快に勝って欲しいですね!!

『華麗なる食卓』
紫音さんのおぱんてぃ、GJでした。うひひ。
僕も踏まれt(ry
Wiiではしゃぐへきるん、かわいい! 一緒に遊びたいですね~。
最後にオパーイぽろーん。今回は完全にサービス回でした(*゚∀゚)=3

『キングダム』
ホウケンに殺到する秦の歩兵。
秦と趙の騎馬隊も大激突です。
そんな混戦の中、信は動きます。ホウケンの首を取る。ただそれだけを目指して。
戦いの中で、いつしか彼を隊長として認めていた飛信隊の兵たちは、ゆるぎない決意をその瞳に宿し、ホウケンを討つために前進!!
毎回の熱い展開の連続に、木曜の朝の通勤電車の中で興奮が治まりません。
がんばれ、飛信隊!! そして尾兄弟、死なないで!!

『べしゃり暮らし』
扉絵の親父、怖いよ……w
根津は謝りに来ただけなのに、しのぶとの結婚のお願いに来たと勘違いの結果なんですが。
まあ、これから数回会ううち、いきなり優しくなる親父が想像できます。根津の肩をバンバン叩いて、ガッハッハと大笑いしたりして。

で、花田はツンデレでした。実はいい奴だったのねー。
無理してとんがってる彼は、少しだけかわいいと思いました。

『新サラリーマン金太郎』
凄い事になってきた……!
ヤマト建設の倒産の危機を、金太郎が本当に救うことに!!
アラビアのハッサン国王への電話1本で、逆転劇のスタート地点を構築してしまった!!
すごい、金太郎マジすごい!!
ヤマトはアラビア人の会社になるとのことで、社員一同、アラビア語の猛勉強が必要。
しかし、そんなことは、今の窮地に陥ったヤマト社員たちには、造作もないことかもしれません。
この再生劇の舵取りは、もちろん金太郎!!
「いよいよ、大和会長が育てて来た男の……出番だ……」
最後のページのこのセリフで、鳥肌立ってしまいました!!

前回のマネーウォーズ編は、個人的にイマイチ盛り上がれなかったのですが。
(多分)最終章であろう今シリーズは、今まで金太郎をちゃんと読んでなかった人も必読です!!

『ハチワンダイバー』
メイドの中身は鬼でした。
100面指しに勝利した、そよ。
寝ていたハチワンを膝枕し、さらにハグ!
「いい夢だなぁ」
ハチワン、夢じゃないよ! ちゃんと目を覚まさないと損だよ!!w

そして、文字山が澄野に勝負を挑みます。
「使える真剣師か試す」
奇人2人の戦いに、来週も目が離せません。

『TOUGHタフ』
バルカン砲による無数の銃弾を、高速匍匐前進でかわした、おとん。
おとん、もう人間じゃねぇw
前々から人外だったけど、もう絶対に人間だとは思わないことにします。

バトルキングが覆面を脱ごうとするところで、以下次号。
鬼龍でしょ? そうなんでしょ?

『ローゼンメイデン』
芝居を見る銀様、かわいいなぁ。
それにしても、真紅のほっぺのラインが本当に柔らかそうで。
こんな絵を描けるPEACH-PIT先生は、本当に凄い漫画家だと思います。
『しゅごキャラ!』も読んでみたい。
役者に両方からグイグイ引っ張られて怒ってる真紅もかわいいw
そしてついに、雪華綺晶が現世に登場! このまま劇場内でバトルなのか!?

『いぬばか』
ナベアツ犬www
「アヘー」って顔、不細工だけどかわいいw
ジダン、おめでとう!

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

週刊ヤングジャンプ8号の感想 その2

『華麗なる食卓』
カレー勝負の合間の、いつものお色気エピソード。
琉球姉妹、相変わらず破壊的な可愛さだぜ……。
さらにそこに長女を加えてほしいところだけど、もう人妻ですしね。あきらめます。

チッ

個人的にはメイドよりも、ミニスカサンタが最高。
僕もトナカイの着ぐるみ着て、へきるんに乗られたい(バカ)

『B型H系』
やっとラブホまでたどり着いた2人。
ここまで来るのに、連載開始からどれだけ経ったんだろう……w(話数見たら、219話でした)
お風呂で背中の流し合いする2人。
山田の白い背中、細い腰、そして微妙に見えるお尻の割れ目……。
そして背中に触れた時の山田の声……。
「ひあっ!」
そりゃもう、小須田じゃなくても「ぶっちん」きますよw
そこで立ちくらみで倒れちゃうのが彼らしいですけどねw
僕が小須田の立場なら(以下自主規制)
そして脇役陣は、上手く行きそうで行かない、工藤と片瀬。工藤、がんばれ。超がんばれ。

『ノノノノ』
お父さんの顔、ひどすぎるwww
「昔の面影がなくなってしまった──」どこじゃないよ、ノノ!www

夜にこっそり抜け出して、父と兄にバレないようにジャンプしちゃうノノ。
「うっほほーうっほほージャンプをするぞ~」
「うっほほーうっほほーとんじゃうぞ~~~」
やべえええええええ!!!! ノノ可愛すぎるwwwww
キラキラしてる目とこれらのセリフで、ズキューンとやられました。

そして、最後のページ。ノノの秘密ジャンプを見てしまった、兄・悠太の複雑な顔。
飛距離を見ての嫉妬なのか、どんなに飛べてもオリンピックに出られない妹に同情しているのか……。
どちらにしろ、来週以降、さらに鬱な展開が待っていそうです;

『カジテツ王子』
ニートギャグ漫画も、すっかり安定しましたね。
最初はヤングジャンプの連載作としては、ジャンル的に成功するかどうか不安だったんですが。

今週は(も?)、僕的メインはチー坊でした。キャンギャル姿、エロイのぅ……可愛いのぅ……。

『カウンタック』
女の戦い、激化。
お願いですから、助手席の瞬のことも考えてあげてくださいw(眠ったまま天国に行きそうです)

『外天の夏』
なんだこの感覚は……。
昔、全く同じ空気を味わったぞ……。
懐かしい空気……。

開始当初から言われていたことですが、完全に『特攻の拓』じゃないですかw
作画担当が変わろうとも、女の子が可愛かろうとも、やってることはそのまんまじゃないですか!
でも、今のところ、夏ちゃんに拓ちゃんほどの魅力がないんだよなぁ……。これから?

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

週刊ヤングジャンプ8号の感想 その1

表紙と巻頭グラビアは、谷桃子。
( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!

『新サラリーマン金太郎』
娘に煙たがられる金ちゃん、せつなすw
世の中が世界同時恐慌と言われているくらいの不況。
2009年は、更に倒産する企業が後を絶たないのでしょうね……。
そんな暗い時代だからこそ、金ちゃんの元気を分けてもらいたい読者は多いはず。
さて。金ちゃんの思い出、というか、人生そのものであったヤマト建設。
サラリーマンとしてスタートし、成長するにあたって、莫大な経験を積ませてくれた、命と同じくらい、いや命よりも大切な、ヤマト建設。
そんなヤマトが……
伊郷さん「今週末に会社更生法の適用を申請する」
金太郎「なっ……なんだってえっ……」
自分の親とも言える企業が重大な危機を迎える。
正直、金太郎が何をしようとも避けられない事態ではあるのですが……。
でも金太郎なら何とかしてくれる! 頼む! という気持ちになれます。
これが、本宮先生が与えてくれる勇気なんでしょうね。

『キングダム』
敵軍の真っ只中に、単身乗り込んで来た趙の大将ホウケン。一方的に殺戮される、秦の飛信隊。
キョウカイも息切れし、信も気絶から回復したばかりで朦朧としている。
そこへ、更に恐怖が迫り来る。武将・マンゴク。
絶体絶命のピンチに、秦の援軍も到着。カンオウの騎馬隊登場!
ホウケンに対し弓による一斉射撃を試みますが、ホウケンは何と、死体を振り回して盾に。
その描写に、読んでいる側としても恐ろしくなりました。おそらく僕がその戦場にいたら、最低でも失禁はしていますね、ええ;
最後、カンオウ騎馬隊長は、戦場広く散らばった秦の兵士たちに、怒号を飛ばします。
「カンオウ軍 三千 全兵士に告ぐ!! この地に集まれ!! あそこに居る男が、趙軍大将ホウケンなるぞ!!」
「十万の軍の大将首がここにある!! とれば一生遊べる財が手に入る!! 集え、皆の者!! 早い者勝ちだ!!」
「他の趙兵には目もくれるな!! 敵は唯一人!! ホウケンの首をとれェェ!!」
直後、ホウケンに殺到する秦兵たち。
キングダムお得意の、震えの来る演出。鳥肌ものの迫力がありました!
恐怖と興奮を抱えたまま、次号を楽しみにしたいと思います。

『夜王』
ロミオ大阪支店が開店早々、本格的に内部分裂してしまった、今回の事件。
そんな状況でも、遼介は部下のホストを信じ続けます。
そして部下もまた、出会って間もない遼介を心の底から信頼し、尊敬していたんですね。
遼介、相変わらずのカリスマ(不思議パワー)です。
最後のシーン。麗美さんからもらった大切なスーツを汚してまで、体を張って事件を解決しようとする遼介。
これを見て、真犯人が名乗りを上げるのか。そうは簡単に解決しないのか。
大阪編最初のエピソードなので、これ以上長引かせるのもどうかと思いますし。
来週には丸く収まるといいなぁ。

『ハチワンダイバー』
そよが、100面指しを開始!
まずは100人の中から、特に棋力の高い真剣師5人を見抜きます(人間スカウターすげぇ!)。
そして、その5人以外を一気に飛ばす!! 体力を消耗しつつも、これを達成!!
派手に息切れしながら、いよいよ本番。真剣師5人と同時対戦。
ギャラリー「十傑!!!! そう簡単にはやられない!!!!」
そよ「キッ!!」
バチン!! バチン!! バチン!! バチン!! バチィィィィィン!!
瞬殺でしたw
ええい、アキバのメイドは化け物か!!
強いにも程があるだろ!
これよりも強い(だろう)鬼将会の面々って、どんだけだよ!w
そうツッコミを入れつつも、今週も勢いで読んでしまいました。
将棋を知らないのに面白い。なんて素晴らしい漫画だ……。

あ、主人公のハチワン君は、今週ずっと寝てました。

『GANTZ』
ラストミッション開始。ガンツルームに転送された、いつものメンバーたち。
一人泣き言を言う、ヘタレ稲葉。取り乱しすぎw
そんな稲葉を冷たい目でチラ見する幼児のコマに、思わず噴出してしまいましたw
メンバー全員を鼓舞する玄野。こういう時の堂々としたリーダーっぷりには感心します。
伊達に最古メンバーじゃないですね。
玄野と加藤のコンビプレーが早く見たい!
でも……ほとんど全員死んじゃうんだろうなぁ……。ラストミッションだし。
どいつもこいつも、ミッション直前の日常で、死亡フラグ立てまくりだったし……。

『ヘタコイ』
流香さん可愛い。最高。
かつての恋人ツッチーに再会しながらも、懐かしい友達として振舞える彼女に感動しました。
コマイ、いい娘と両思いになれたね( ;∀;)
あとは流香が告白して、晴れてハッピーエンドだ!
……とか思ってたら……。
ツッチー何してんだぁぁぁ!!
突然、流香にキス。驚く流香。
そして……それを目撃してしまったコマイ……。
直前の楽しそうに話してる流香も見てしまっていたので、これはかなりこじれた誤解に発展しますね……。
ああ、素直には終われないのか。やっぱりこうなってしまうのか。
だからこそ面白いのですが。

『TOUGH』
バトルキングが2人!?
ああ、やっぱり生きてたね、鬼龍。
……それじゃお約束すぎますかね?

『嘘喰い』
今週も、マルコと箕輪の戦い。更に激しさを増しています。
圧倒的な箕輪の戦闘力に、なす術もなく死を迎えつつあるマルコ。
大方の読者の予想通り、マルコ覚醒で次号に続く。王道だなぁw
迫力のある戦闘シーンは素晴らしいのですが、展開が当たり前すぎて残念。
ギャンブル対決のシーンが裏のかきまくりで最高なだけに、余計にそう感じますね。
「ギャンブルと暴力」という2つのテーマを掲げているわけですから、戦闘に関してももう少し頑張って欲しい。

『SIDOOH 士道』
高杉のやつれ方が半端じゃない。結核でもう今死んでもおかしくない状態ですしね。
その病におかされまくった男の顔の描き方が、とてつもなく上手い。
そして、潔く切腹を受け入れる鮫。あんた、ホンマモンの武士や……侍や……(´Д⊂ヽ
高杉と鮫の2人が笑いながら楽しそうに翔のことを語るシーン。読んでいて涙が出そうになりました。
それよりも、源が鮫の切腹を乗り越えられるか、心配。
乗り越えて立派な侍になれることを祈っています。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

かみやたけし

Author:かみやたけし
アニメ・マンガ・ゲームを愛しています。
ここ10年以内のマイフェイバリットアニメは『天元突破グレンラガン』!
周りに布教しまくりんぐ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。