スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まっこまこにされましたよ

『アイマスSP』ですが、ストーリープロデュースの真をクリアしました。
初めてのアイマスだったので、色々苦労しました~;
でも、少しずつですが、レッスンとオーディションのコツも掴めてきたかな?
最終的に、僕のプロデューサーとしての評価はB+、73点でした。ファンの総数は125万人くらい。
アイドルランクDからCに上がる時に失敗して一度リトライしたので、その分を引かれてしまいました。

それにしても、真可愛いですねぇ。最初は「この男っぽい子を可愛いと思えるのだろうか」と、若干心配でしたが……そんな心配は無用でしたね。
可愛い服に頬を染めて大喜びして、営業ではプロデューサーである僕にデレる。このデレた真の可愛さは異常(*´Д`)
「へへーv」という笑い方も(・∀・)イイ!!
始めた頃は娘に対する父親目線だったんですが、見事にやられましたw
プレイしながらニヤニヤしちゃって、電車の中で大変でしたよw

とりあえず1周しただけなので、まだ見てない営業イベントもたくさんあります。真だけでもニヤニヤする要素がまだ盛りだくさんなのに、『サン』『スター』『ムーン』の全員コンプリートしようとしたら1年くらいかかるんじゃないでしょうか……。

次はやよいか、わた春香さんか……悩みますね。
でもニコ動でやよいのメドレー見たら萌え死んだので、そのままやよいに行くことにしましょうかね。
そして『ムーン』のあずささんは本命なので、ラストで!!
好きなものは最期に食べる主義なのです(食べるって……プロデューサーさん、最低です!)

ところで、数あるアイマスの歌の中で、皆さんはどの曲がお気に入りですか?
僕が一番好きなのは、『GO MY WAY!!』ですね。
とても前向きで明るい曲で、大好きです!!
実は毎朝、出勤前に必ず聴くことにしているんです。元気出ますよー!!
ごまえー ごまえー♪
スポンサーサイト

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : ゲーム

週刊少年ジャンプ13号の感想 その2

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』
今回の内容とは関係ないのですが、この前のTBS『情熱大陸』を見た方はいますか?
なんと、秋本治先生の特集でした。
漫画家の私生活や取材風景、仕事中シーンをテレビで見られる機会というのは、決して多くはありません。だから、この回はとても面白く見られました。
こういう特集なら、もっと色々やって欲しいですね。漫画家志望や趣味でマンガ・イラストを描いている人にとって、かなり需要あると思うんですけど。
ちなみに、取材風景は、前回の浅草の話のものでした。結構タイムリーで、それも良かったです。

で、今回の内容については……特に語る事が無かったりしますw
強いて挙げるとすれば、せっかくの中川&麗子のギャグシーンを見せるチャンスだったので、以前のようにひたすら壊してしまっても良かったのでは? というところでしょうか。
たまに見られる、極限まで壊れた中川とか、結構好きなのでw

『バクマン。』
もう、サイコーとシュージン、完全にラブラブじゃんよ! 恋人にしか見えないよ!!w
あ……やっぱり僕、腐ってます?
今にも別れそうなサイコーとシュージンですが、心の底では無意識に繋がってるようで、やはり相性は抜群みたいです。お互い知らずに、同じ内容の作品を描き進めていますしね。
そんな2人の状態を知り、更に相性抜群なのを知り、全ての事を上手く運ぼうとしている服部編集。
服部さん、凄くやり手ですよね。運も良いと思います。
サイコー、シュージン、服部の3人組でサクセスするストーリーなんですよね。
マンガは漫画家と編集者がかみ合って、初めて神作品となる。改めてそれを実感できました(まだまだこれからですけど)。

『いぬまるだしっ』
最近では珍しい、2色カラー回でした。
「2色カラーって何?」という方に説明しますと、「カラフルとは言っても赤系の色しか出せず巻頭カラーと同じ手間にも関わらず原稿料は安く締切も早まるためどの作家もやりたがらないカラー」(本文のセリフそのまんまw)です。
こういう業界ネタを盛り込んでくるのが、『いぬまるだしっ』というか、大石先生の味ですよねぇ。
少しでも業界の事を知っているとクスッと笑えるネタ。ただし何も知らない一般の人には全くウケず、「へー、そうなんだ~」で済まされる、諸刃の剣ですが。
しかし、アレですね。いぬまるくんは、いつも偽者を掴まされたり、微妙すぎるフィギュアを2個ゲットしてしまったり、酷い目に会いますね……。そこがまた面白いんですが。
アゴ美ちゃん、2個も……というか、1個もいらないwwwww

『PSYREN -サイレン-』
「この際、逮捕とかどうでもいいでしょ?」
我らが雨宮ちゃん、病みキャラ全開ですっ! いやっほーぅ!! 目がいっちゃってるーっ!!
他に感想が無い……どうしましょう……w

雨宮ちゃん可愛いよ雨宮ちゃん。

『ヘタッピマンガ研究所R』
かつて、僕が小学生の頃。鳥山明先生の『ヘタッピマンガ研究所』という企画連載がありました。
その頃から漫画家になりたかった僕にとって、当時の(もちろん、今もですが)鳥山先生は神様であり、その神様がマンガのテクニックを教えてくれる『ヘタッピ』は、それこそコミックスが擦り切れるんじゃないかってくらい、繰り返し読んでいました。
実際、あまりに何度も開く閉じるを繰り返しすぎて、ページがバラけたくらいです。

そして今、『アイシールド』の村田先生が、『R』を月1で連載しています。
村田先生ならではの迫力あるパースや筋肉の動きなどが学べる、これまた非常にためになる、マンガのHOW TOものです。
特に今回の”背景を描く際のパーステクニックにありがちなミス”は、僕も何度も躓いた箇所なので、興味深く読めました。
この『ヘタッピ』や『バクマン。』で学んだ今の小中学生たちが、素晴らしい漫画家になれることを楽しみにしています。

『ぼっけさん』
メケ……メケが……。
まさか……。
敵の攻撃から身を挺して学校の皆、なによりも大切なトモダチのヒノとサユを守ったメケが……。
重傷ながらも助かると思ってたのに……。逝ってしまいました……。
最初はキモイ、嫌いなキャラだったのに、仲間になった途端に可愛く見えて、孤独だったヒノの大事な友達になった。同じ菩怪という立場の友達。
本当に短い間でしたけど、素晴らしい仲間でした。ヒノの心のよりどころ的にも、戦力的にも大事な存在でした。
そんな傷心のヒノに突きつけられる現実。南区の菩怪たちによる、北区の人間を淘汰する計画。
北区の菩怪たちは「人なんぞどうでもよい」「南にかなうはずねぇし」とやる気なし。
ヒノは1人で立ち上がります。「街は僕が守ります」と。
ヒノの男気に惚れました。まさに正統派主人公ですね!!
大丈夫。ヒノにはサユがついてる。同じ菩怪のアベルがついてる。
がんばれ、ヒノ!

『SKET DANCE』
マロンちゃん、プロデビュー!!
……この絵と内容でかよ!!wwwww
マロンのマンガの内容は、『スケダン』らしいカオスな内容でしたが、いい加減僕も慣れてしまったのか、いまいち笑えませんでした。
ヒメコのツッコミは良いんですけどねぇ。
ただ、マロンの夢が叶ったことに対してのボッスンの笑顔が最高でした!!
ボッスンはマジでいい男ですよ!! 僕が女ならリアルに惚れますよ!!
そしてラストの間違ってるヒメコ可愛いw

『ぬらりひょんの孫』
総大将(おじいちゃん)すら使ったことのない、リクオのオリジナル必殺技”鏡花水月”で、ついに玉章を打倒しました!
吸い取った百鬼が抜け、力を失う玉章。刀を取り戻そうとしますが、なんと部下のはずの夜雀が、刀を
奪って逃走してしまいます。
猩影が玉章の命を奪おうとした時、総大将がそれを止めます。後の処分はリクオに任せる、と。
リクオは、玉章を許します。一つだけ、条件をつけて。
「犠牲になったものを……絶対に弔って欲しいんだ」
リクオは甘いですね。しかし、その甘さが僕は大好きです。
それは作中の雪女つららを始めとする、リクオの百鬼夜行の面々も同じ気持ちなんでしょうね。
昼のリクオの”優しさ(甘さ)”と、夜のリクオの”畏れ”。その2つが交わった今回のエピソードで、更にリクオに対する忠誠心が高まったかと思います。

ラスト。四国に帰った玉章の前に、1匹の野良犬が現れます。
野良犬に対する玉章の表情とセリフに、せつなくて泣きそうになりました……。

『To LOVEる -とらぶる-』
生まれて初めての手作りチョコレートを、どうやってリトに手渡そうとするかで悩む唯。
可愛いにも程がありますよ。僕を萌え死させるつもりですか!?
それにしても、恒例のリトずっこけ女の子にダイブシチュですが……今回のヤバすぎるでしょう!!
唯の股間に近すぎる顔、だけならいつもの『とらぶる』ですが、今回はリトの手がヤバい!!
足の付け根に両手の親指を引っ掛けて「くぱぁ」状態ですよ!! エロい!!!!
あーもう、スキャナが壊れてなければここの掲載するのに!!w
多分、他のブロガー様たちが、こぞってスキャンしていると思われますので、気になる方はそちらをご覧ください。

……新しいスキャナー買うか……。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

週刊少年ジャンプ13号の感想 その1

『べるぜバブ』(新連載・表紙巻頭カラー)
最強の不良、男鹿(通称オーガ)。街中の不良たちを悪魔のような強さで土下座させる毎日。
ところが、ある日突然、魔王の子供(赤ん坊)を拾い、育てることになってしまうという話。
ところどころに挿入されるギャグシーンも、爆笑とまでは行きませんが、クスリと笑ってしまいます。
男鹿になつく魔王の子供ベルゼバブ4世が滅茶苦茶可愛いですし、毒舌暴力ゴスロリ女悪魔のヒルデガルダも凛々しくてしかも可愛い。
男鹿と悪友の古市の巻き込まれっぷりも、読んでいて楽しいです。
次回からも楽しみな作品です。

ところで男鹿と古市を見ていると、『お茶にごす。』の2人を見ている感覚になるのは、僕だけでしょうかw

『NARUTO -ナルト-』
ペインの本体は里の近くの一番高い場所にいる!
ペインの正体は長門!
……とか言われても、イマイチ驚けませんでした。
正体に至っては、ペイン編初期から長門だと決まっていたようなものですし、意外性が……;
ペインとナルトの”正義”に対する意見の相違は、読んでいて「なるほど」とは思いましたが、これまたお約束で意外性がありませんでした。
意外性ばかり求めてしまうのは、僕の心がヒネクレてしまったのか。
メインの読者層の方は、素直に楽しめてゾクゾクしているんだろうなぁ……。ちょっと羨ましい。

と、今回は否定的な意見ばかり書いてしまいましたが、アンチというわけではないです。
ナルトが好きですし、最近の展開が熱くて、とても楽しんで読めていたので、今回は少しだけがっかりしただけなんです。
まあ、ずっと熱くてスピーディーな展開ばかりでも疲れてしまいますし、こういう話も重要ですよね。

『ONE PIECE』
今週のバカ4人組(ルフィ・ボン・バギー・Mr.3)も最高でした。笑えるw
久しぶりにMr.1が見られて、ちょっと嬉しかったです。
こういった過去のライバルが次々に出てくるのは、毎週楽しめますね。「次は誰だ!?」と、ワクワクします。
オールスター展開、万歳。
ラスト。Lv4にインペルダウンの総力が結集。ルフィたちを待ち構えます。
次回からの激戦が今から楽しみです。

『魔人探偵脳噛ネウロ』
弥子の脳の中にダイブしたⅩⅠ(イレブン)は、Ⅹi(サイ)の記憶にたどり着き、かつての自分を取り戻します。
しかし、やっぱりアイはいいキャラでしたね。
「私は……アイ(i)でいい。あなたのそばの……アイ(i)でいい」
「私は」「俺は」「俺達は2人で……!!」
”X”+”i”でXi(サイ)。この2人、大好きです。愛情と言いますか、他の誰よりも強い絆で結ばれた2人。
アイの結末には泣きました……。

ラストは、結局Xiに戻りきれなかったイレブンが、弥子の胸を手刀で貫き、ネウロの前に現れました。
弥子がイレブンに勝つことがネウロ勝利の鍵だったので……これは大ピンチですね!!

『トリコ』
今まで割と楽勝が続いていた事でトリコが滅茶苦茶な強さが描かれてきましたが、ここ数週、苦戦続きです。主人公が強すぎると、読んでいる側としては最初は爽快ですが、すぐに飽きてしまうんですよね。
なので、楽勝続きから苦戦続きにシフトするには、良いタイミングだったと思います。
適度に”感覚遮断”や”アイソレーション”の解説を入れるなど、細かいテクニックも飽きさせません。
しまぶーは、やっぱり凄い漫画家だと思いますよ。逮捕されて復帰してから、更に一皮むけた気がします。
これからもしまぶーを応援します。がんばってください!!

『銀魂』
神楽ちゃんが一番の勇者でしたw 男前! 男前!
仲が悪くて足を引っ張り合いながらも、最終的には協力しちゃう銀さんとDQコスプレ銀さん。こういう関係は良いねw(銀さんと土方とか、土方と沖田とか)
それにしても、ひたすらコピー絵だけなのに、ドット絵のたまが可愛いw ドットたまのグッズ作ってくれないかなぁ。ストラップとか。

『アイシールド21』
決戦前夜の各キャラの心情を描いた回。
完成したΔ(デルタ)ダイナマイトで峨王に見事リベンジした中坊も格好よかったし、素直に負けを認¥め、中坊を認め(ちゃんと名前で呼んだ!)た峨王も、本当に格好良い。Δダイナマイトを会得した峨王がドンに勝つシーンが早く見たい!!
それにしても、日本チームの各キャラにそれぞれアメリカチームのライバルを当てるやり方、本当に盛り上がります。
いよいよ次回、ワールドユース決勝戦、日本VSアメリカ、開戦!!
熱い!!!!!!!!


追記。で、結局、包帯男の正体は誰なんだーっ!!?(見当もつかない……)
さらに追記。ドンの子供に対する優しさと男らしさに惚れた。この作品、ただ嫌なキャラって少ないですよね。みんな、どこかしら良い箇所がある。

『BLEACH』
デビルマンウルキオラが扉絵。斬魄刀を解放しても、ほとんど姿が変わらない。今のところ、スピードが増しただけ。一護の卍解と似たような感じですね。
とか思ってたら、防御力大幅アップでした。黒い月牙を喰らっても無傷……。
お返しに、黒い虚閃”セロ・オスキュラス”をぶっ放してきました。
うーん……相変わらず、後出し必殺技の応酬……。
戦闘シーンをもっと工夫して面白くしてくれと、何度言えば(ry
久保先生、本当お願いしますよ!
キャラや斬魄刀がみんな格好良いので、戦闘を単調にしないだけで、ぐっと面白くなると思うんですが……。

あと、織姫は初期が好きでした。石田も。

『黒子のバスケ』
キセキの世代の新キャラが出てきました。リヤカーで移動していた人w
名前は緑間真太郎。やっぱりキセキの世代は色シリーズですね。あと3人? 赤・青・白ですかね。
しかし緑間くん、『金剛番長』のマシン番長に見えて仕方ないのですがw

超特大ステーキにチャレンジ、誠凛高校バスケ部の皆さん。
ちょっとしか食べてないのに「ギブです」する黒子、超ラブリーw ちょっと困った眉毛が可愛いですよねw
リスみたいに食ってる火神、ありがとぉー!!w

ところで腐な方は、火×黒なんですか? 黄×黒なんですか?
僕は黄×黒で……いえ、何でもないです。

『家庭教師ヒットマン REBORN!』
笹川兄、相変わらずおバカでいいですなw 獄寺とのからみも久しぶりで楽しい。
優しくされることに慣れてなくて戸惑って照れてるクローム、激萌え!! 
リボーンの女の子たちは皆可愛くて、誰を嫁にするか悩んで困る(黙れ
そして、久しぶりのバジル登場~!! バジル可愛い~!!

最近、微妙に僕の中の乙女が暴走して困るんですよ(ぇ
腐女子に対して腐男子と言う方々がいるらしいのですが、僕の場合、腐オヤジ?
あ、まだBLには手を出してませんけど(……まだ?)

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

肌色成分多目でひゃっほぅ!! それと住基カード

そろそろ確定申告しなきゃな~……と思っている今日この頃。
去年は面倒臭がって期限最終日に区役所&税務署に行き、あまりの混雑に死にそうになったんですよね~……。
で、今年はネットで全て済まそうと考えているわけです。『e-TAX』という奴ですね。
このシステムを利用することによって、最高5,000円の税額控除が受けられたり、還付金が早く振り込まれたりと、メリットがあるのです(詳しくはこちら)。
で、公式HPで手続き開始しようとしたら、前準備として、住基カードとICリーダライタが必要だとか。
住基カードなんて持ってないよ! ICカードリーダライタは仕事の同僚に借りられるけども。
さいわい今日は用事があって仕事を休みにしていたので、ついでに区役所へ行ってまいりました。
写真入りと写真なしが選べたんですけど、別に身分証明書として利用するつもりはないので、写真なしでいいや~っと、気軽に申し込み。後日、書類が郵送されてきて、それを持って窓口に行くと住基カードを受け取れるそうです。
つまり、正式に確定申告するには、カード到着を待つしかないと……。
5,000円のためとは言え、面倒臭いなぁ、もうw


話は変わりまして、いつものオタク話です。
買おうかどうか迷っていたんですが、結局買っちゃいました。
『Megami MAGAZINE SUPER DELUXE』!!
メガミマガジン1~100号に載った肌色成分多目のイラストから140点以上が選ばれて掲載された、アニメピンナップの総集編と言える本ですよ。
『魔法少女リリカルなのはStrikers』と『D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン』のB2ポスターが付録としてついています。
メガミマガジンをずっと買っている方には必要ない本かもしれませんね。値段も1,890円しますし。
僕は本当に初期しか買っていなかったので、見ていないイラストが結構あって楽しめました♪
この歳になっても萌えという感情が衰えない……。個人的にはそんな自分も許せますけど、世間的にはダメ人間ですねw


Megami MAGAZINE SUPER DELUXE 永 (11) (Gakken Mook)Megami MAGAZINE SUPER DELUXE 永 (11) (Gakken Mook)
(2009/02)
不明

商品詳細を見る

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

機動戦士ガンダム00 Second season 第20話『アニュー・リターン』

今回、まず気になったのは、リボンズとルイスの会話。
ルイスが「人類初のイノベイターになった」ようですね。
擬似GN粒子の影響で左手の再生治療が出来なくなった→リボンズが与えた薬で細胞が変化を起こした→イノベイター特有の強化細胞になった???
よくわかりませんが、おおまかにはこんな感じの進化なのでしょうか?

となると、刹那の身体にも同じ変化があるのかもしれませんね。
刹那の場合は、ダブルオーの特殊な粒子の影響ですが。
彼も、サーシェスに擬似粒子を撃たれる→ダブルオー効果→Bボタン連打で進化(ぇ、という過程を辿っています。
リボンズの刹那に対する「まさか変革を始めたというのか?」というセリフからも、覗えますね。
やはり、ダブルオー(ライザー)は、特別すぎる機体なんですね。

イオリアおじいさんがくれた、2機目のガンダム。
それはダブルオーガンダムで、私は21歳でした。
その性能は高くてチートで、こんな素晴らしいガンダムをもらえる私は、きっと特別な存在なのだと感じました。
今では、私がおじいさん。
孫にあげるのは、もちろんダブルオーライザー。
なぜなら、彼もまた特別な存在だからです。

てなエンディングはどうでしょうか。
……バカな事書いてないで、続きいきます。

今回のストーリーのメインは、サブタイトルからもわかる通り、アニューとライルでした。
黒田洋介さん脚本のアニメには、「サブタイトルに名前が出ると死ぬ」というジンクスがあるそうです(『スクライド』とかもそうでしたっけ?)。
予想通りの結末でしたね……。「敵味方に分かれた男女の恋と戦い、そして死」というガンダムのお約束をしっかりと守り、アニューは逝ってしまいました……。
とどめを刺したのがライルではなく刹那だったので、『SEED DESTINY』を思い出してしまいました。
更にその元になった『Zガンダム』はどうでしたっけ……? フォウが死んだ直接の原因がカミーユだったか、他の誰かだったか……。忘れてしまったので、今度また見ることにします。

全体的な感想としては、戦闘シーンの作画は凄かった。ガンダムのピンチも良く描けていたし、壊れ方もリアル。
近接戦闘するケルディムも、めっちゃ格好良かった。
ルイスの乗るMAエンプラス(の正式版?)のビームがキュンキュン曲がっていたのは「すげぇ! でもなんか笑える!」でしたがw
あと、そのビームでアリオスが半壊した時にマリーが「よくも!」と言ったんですが、イマイチ感情がこもっていませんでした。愛する人がやられた怒りではなくて、ただ同じ組織にいる仲間がやられたから、という「よくも」に聞こえ、ちょっと悲しい。
早く元通りの関係になってくれ、アレマリ……(´;ω;`)

話が逸れましたが、ライルとアニューの最期は悲しすぎましたね。
ただ、なんでいちいち全裸にするのか……w タブルオーライザーの粒子には脱衣効果もあるいようですねw
正直、全裸演出はいりませんよ。

まあ、一番気になったのは……前半の作画崩壊でしたが。キャラの顔もデッサンも酷すぎる;
コードギアスR2も、20話くらいで崩れましたよね。やっぱりスケジュールが押してて大変なんでしょうか……。
せっかくのクライマックスなので、やはり綺麗な絵で見たい。
DVD&BDでの修正、よろしくお願いしますよ!!

テーマ : 機動戦士ガンダムOO
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

かみやたけし

Author:かみやたけし
アニメ・マンガ・ゲームを愛しています。
ここ10年以内のマイフェイバリットアニメは『天元突破グレンラガン』!
周りに布教しまくりんぐ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。